ホワイトデーは日本発祥~海外には浸透していない?

By -  公開:  更新:

「ハロー千葉」では、千葉のイベント情報に合わせて耳より情報を紹介する。今回は、成田ゆめ牧場からホワイトデーにぴったりの牛乳マシュマロ、「ウシマロ」の話題だ。


日本ではすっかり浸透している「ホワイトデー」
2月14日・バレンタインデーとは対になる日で、バレンタインが女性からチョコを贈る日なら、ホワイトデーは男性からお返しする日とされていますよね。
マシュマロ、キャンディなどのお菓子に限らず、アクセサリーやファッション雑貨など、何を贈るか悩まれる方々も多いのではないでしょうか。

しかし、世界的なイベントであるバレンタインデーとは違い、「ホワイトデー」を実施しない国が多いのです。
それもそのはず、ホワイトデーは何と日本が起源のイベント!
お菓子メーカーがバレンタインに対する習慣を作ろうと、「お返し」の日を作ってはどうか、と発案されたのだそうです。

このときに名乗りを上げたメーカーは複数あり、それぞれ「元祖」を主張しているのだとか。
しかし、マシュマロやキャンディが定番のお返しなのは、やはりそのお菓子メーカー各社に起因しているようです。

面白いのが、ホワイトデーが日本でここまで広まった要因です。諸説ありますが、義理堅い気質のある日本人には、「何かもらったらお返しする」という部分が浸透しやすかった要因ではないかと言われています。
東アジアはやや似たようなところがあるのか、中国や台湾、韓国などの一部地域でもホワイトデーがあるそうです。

逆に、ヨーロッパやアメリカ、アフリカや中東などでは、「お返し」という概念自体があまり馴染みのないものだとか。
そのため「ホワイトデー」という文化そのものに疑問を持たれる方もいるようです。
確かに、全く違う文化のイベントはなかなか流行りづらいですよね。

また、日本人は「借り」を作ったままにしておけない性質があり、ホワイトデーで「借りを返す」という発想もあります。
日本人にとってはごく普通のイベントも、海外からの観点で考えるとまた面白く見えて来ますよね。


3月21日、ゆめ牧場に突如モアイが出現!?
大きいモアイ、ミニモアイ、ずらりと顔を並べるモアイ…。牧場のあちこち計6箇所に散らばるモアイたちは、形も、場所も、顔の向きもバラバラ…実は6体のモアイの視線は全て、どこかに居るモアイ王・ゴールデンモアイに集まっているとの伝説が…。

モアイたちが投げかける謎を解くウォークラリー「モアイの見つめる先にあるものは」は、3月21日開始! この春、ゆめ牧場がイースター島になる!?

さて、3月14日はホワイトデー!
成田ゆめ牧場には、お薦め、世界唯一の牛乳マシュマロがあるんです。その名も「ウシマロ」

まるで牛乳をそのまま生で固めたようなモッチリな食感。かみ締めるたびに広がるミルクの風味。
表面に散らしたチョコが牛柄を演出する素敵なアクセント! パッケージ、手提げ袋も牛柄で超キュート!

ご注文はネットやお電話でまだ間に合います! 今年は牧場から贈る個性的なホワイトデーを。
合わせて成田ゆめ牧場・オンラインショップなどもご覧ください。

成田ゆめ牧場
〒289-0111 千葉県成田市名木730
営業時間:9:00~17:00
※入場最終受付:16時
※GWや冬期(12月~2月)等、季節により変動がございます。
年中無休・年末年始も休まず営業いたします。
詳しくはこちら


Page top