ばね指ってなんなの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(7月31日放送)で、ばね指に関して医師が回答した。

番組に寄せられた健康の疑問『親指が曲がらない。こればね指? そもそもばね指って、何?』に対して、医師が回答した。

「ばね指とは、指が発条(バネ)のように弾けて伸びるので、ばね指といわれます。親指の付け根の手のひら側に痛みがあり、しばらくひっかかりがあり、痛みのためとうとう曲げられなくなったということならば、ばね指でしょう。親指の場合、弾発母指ともいいます。

ばね指は手の使い過ぎにより、屈筋腱、つまり指を曲げるためのスジと、その腱をつつむ腱鞘が擦れ合って、指の付け根に腱鞘炎をおこしたものです。炎症により腱が腫れ、腫れた腱が腱鞘にひっかかり、指を曲げにくくなったり、いったん曲がると伸ばす時に弾けるように伸びたりするようになります。

治療法は手の安静第一ということになりますが、なかなかよくならない場合、ステロイドの注射をすると良くなる方がほとんどです」

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

番組情報

草野満代 夕暮れWONDER4

毎週月曜〜木曜 16:00 - 18:00

番組HP

素敵な音楽&豊かな暮らしを、あなたに!「草野満代 夕暮れWONDER4」

Page top