稀代の音楽家、細野晴臣 その刺激的な変遷に迫る

By -  公開:  更新:

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第717回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、11月1日から公開の『NO SMOKING』を掘り起こします。

デビュー50周年を迎えた細野晴臣、ファン待望のドキュメンタリー映画

2019年、デビュー50周年を迎えた音楽家・細野晴臣。近年では、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』で音楽を担当。

国内だけでなく世界中のアーティストからリスペクトされる、“生けるレジェンド”とも呼べる細野晴臣の半生を振り返りながら、彼の音楽活動の軌跡を追体験できるドキュメンタリー映画『NO SMOKING』が公開となりました。

本作は、細野晴臣のヒストリーと知られざる創作活動に完全密着。幼少期の音楽との出会いから始まり、はっぴいえんど、YMO、そしてソロとしての音楽活動。さらに昨年(2018年)の台湾公演を皮切りに、イギリス・ロンドン、アメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスで開催されたワールドツアーの模様も映し出されます。

出番前にバンドメンバーと過ごすリラックスした表情から、ロンドン公演で高橋幸宏、坂本龍一が飛び入り参加し5年ぶりにYMOメンバーが揃った奇跡の瞬間まで、細野晴臣の音楽活動の一端を垣間見ることができます。

ナレーションを務めるのは「細野晴臣の音楽に影響を受けている」ことを公言している、星野源。

本編中には「星野源のオールナイトニッポン」に出演したときのスタジオでの様子や、横浜・中華街で共演した「細野晴臣A Night in Chinatown」のライブシーンも収録。2人の深い信頼とリスペクトによる最高のコラボレーションに、思わず笑みがこぼれる人も多いのではないでしょうか。

決まったスタイルにこだわらず、常に新しいサウンドを求め、音楽性を大きく広げて来た細野晴臣。そのキャリアを追うことで、日本のポップスシーンの歴史に触れることもできる本作は、貴重な音楽映画と言っても過言ではないでしょう。

お笑いが大好きで、いつも自由で軽やか。そして、ちょっぴり照れ屋。みんなに愛される“細野さん”が、そこにいます。

『NO SMOKING』

2019年11月1日(金)からシネスイッチ銀座、ユーロスペースほか全国順次ロードショー
音楽:細野晴臣
ナレーション::星野源
監督:佐渡岳利
プロデューサー:飯田雅裕
出演:細野晴臣、ヴァン・ダイク・パークス、小山田圭吾、坂本龍一、高橋幸宏、星野源、マック・デマルコ、水原希子、水原佑果、宮沢りえ(五十音順)
(C)2019「NO SMOKING」FILM PARTNERS
公式サイト http://hosono-50thmovie.jp/

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

Page top