安倍政権の今年の展開は

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月8日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。今年の安倍政権の動きについて解説した。

【安倍首相・伊勢神宮参拝】伊勢神宮内宮の参拝を終え、記者会見に臨む安倍晋三首相=2020年1月6日午後、三重県伊勢市 写真提供:産経新聞社

自民党仕事始め式

安倍総理は7日、自民党の仕事始めで挨拶し、2021年9月までの総裁任期を全うする考えを示した。また憲法改正の実現についても、「私たちに課された大きな責任、大きな歩みを進めて行く」と改めて意欲を示した。

飯田)総裁の任期は来年(2021年)9月までで、既に折り返しを過ぎていますので、今後どうなるか。解散して勝ったあかつきには、もう1度やるのではないかという話もありましたが、一応そこを打ち消すということになったのでしょうか?

高橋)解散は今年(2020年)やらないと、来年が大変になります。解散するならば今年でしょう。国会で補正予算をしてからの冒頭解散はないでしょうが、チャンスは多くあります。予算が通った後、オリンピックの後とか。

飯田)その辺は解散を睨みながらのことになりますが、一方でずっと掲げて来た憲法改正が遅々として進みません。

首相「新しい時代つくる」在職日数が憲政史上歴代1位となり、記者の質問に答える安倍首相(左端)=2019年11月20日午前、首相官邸 写真提供:共同通信社

安倍総理~休みを挟んでもう1期やる可能性も

高橋)本当にやりたいならもう1度解散をして、任期を伸ばしてやるしかありません。本人のやる気がどこまであるかですよ。さすがにこれだけ長くやっていますから。

飯田)疲れが見えますか?

高橋)何となくそういう感じがします。半年か1年ぐらい挟んで、もう1期やるという可能性もあります。

飯田)プーチン・メドベージェフ方式みたいなものですか?

高橋)意図せず自然になるというか。外交は余人をもって代えがたいと思います。

飯田)長くやる部分というのは、外交のメリットが大きいと言いますよね。

高橋)圧倒的にあります。新顔のなかで、長くいるというのは強いです。メルケル首相がいなくなったら、世界のリーダーのなかで最長ですよ。「あのときはああだった」というようなことが言えます。

安保法制与党協議会で挨拶する公明党の北側一雄副代表(中央左)。右隣は自民党の高村正彦副総裁=2015年5月14日午前、衆院第2議員会館 写真提供:産経新聞社

憲法改正

飯田)だんだん発言権が出て来るとレガシーというような話が、長い政権になると出ます。憲法改正はどうですか?

高橋)できたらすごいと思います。これまで誰もできていないのは間違いないですから。安全保障法制はすごかったと思いますよ。憲法改正に匹敵するような話だと思います。

飯田)集団的自衛権を認めた。

高橋)当たり前ですが、できませんでした。

飯田)国連憲章にも書いてある当たり前ですが。

高橋)あれを否定したら驚きます。それをやったのですから、大きな話だと思います。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top