新型コロナウイルス~日本への侵入は水際で防げるか

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月22日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。新型コロナウイルスについて解説した。

WHO本部の大会議室(世界保健機関-Wikipediaより)

新型コロナウイルスによる肺炎~WHOが緊急委員会を開催へ

中国で多発している新型コロナウイルスによる肺炎について、世界保健機関(WHO)は22日、専門家による緊急委員会を開催する。WHOでは人から人への感染が起きていると見ていて、今後の対応などについて協議する予定。

飯田)既に報じられておりますが、中国・武漢を中心に日本、韓国、タイ、アメリカ・ワシントン州シアトルでも1人ということです。オーストラリアのブリスベンでも出たのではないかということが言われていて、これから春節で人が移動するところです。

高橋)日本がいちばん多いでしょう。たくさん来るので心配です。人から人へというので中国もようやく認めたのですが、こんなに世界にいるし、WHOの方が先に言っているのはおかしいですね。だいたい、医療関係者ならばすぐにわかるはずです。

飯田)当事国ですからね。

高橋)中国共産党の隠ぺい体質という感じもしますが、早く言ってくれないと困ります。習近平さんが「絶対に抑え込む」と言ったようですが、無理ですよね。

飯田)現地ではそんなに報道されていないという懸念もあって、日本でインタビューをしたら「日本でニュースになっているのを見て初めて知りました」と言う中国人もいました。予防だとか、抑え込むという話ではないのですよね。

各地に対策チーム派遣  新型肺炎の〝発生源〟とみられ、閉鎖されている中国湖北省武漢市の海鮮市場=2020年1月17日(共同) 写真提供:共同通信社

発生国で万全の対策をすべき

高橋)震源地で何とかしてくれないと、世界中が迷惑を被りますよね。特に日本には観光客としてたくさん来るので、水際で防止すると言っても無理なレベルです。潜伏期間が長ければ検疫も引っかからないし、発熱を見ると言っても、熱が出ない人もいるでしょう。現地できちんと隔離してくれないと、世界中に広がってしまいます。これを機にWHOも中国に対して、いろいろなことを言ってくれないと困ります。

飯田)ツイッターでも意見をいただいています。“いなとも”さんから、「新型コロナウイルスへの対応は、入国できなくなるから質問表には嘘、発熱していたら解熱剤、咳には咳止めなどで、いくらでも入国できるのではないか。日本国民のために対策をして欲しい」と。基本は申告制ですものね。

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

水際対策にも限界~個人的にもできる対応は

高橋)震源地で病人を隔離するしかないと思うのですよ。広がってしまったら、我々にできることはせいぜいうがいや手洗いです。インフルエンザと同じだと思います。

飯田)お医者さんなどがいろいろと知見を出していますが、いまのところは手洗い、うがい。一般的にコロナウイルスにはアルコールが効くとされているので、アルコールによる消毒。

高橋)インフルエンザと同じことをして、人混みに行かないように自衛をするしかありません。

飯田)かつてSARSが大流行したときに、WHOが早く動かなかったことが蔓延に一役買ってしまったという指摘もあります。

高橋)初動が重要なので、震源地で隔離してくれないと広がってしまいますよ。

飯田)アメリカなどは武漢から来る飛行機に関して、1度乗客を別室に集めてテストをしてから、大丈夫な人は出すという形を取っていますが、日本の場合は同じ動線で動かして、何かある人は自己申告に頼る対応になっています。これはどうですか?

高橋)どういう対応にしても難しいでしょうね。すり抜ける人はすり抜けるし、第三国を経由すればわかりません。

飯田)直行便だけではないですものね。

高橋)水際で防ぐには限界があるので、発症国で対応してもらうしかないでしょうね。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top