金敬姫氏の復権~北朝鮮で何が起こっているのか

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月27日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。北朝鮮の金正恩委員長の叔母、金敬姫氏が6年ぶりに公の場に姿を現したニュースについて解説した。

25日、平壌で旧正月の記念公演を鑑賞する金正恩朝鮮労働党委員長ら。最前列右から2人目が叔母の金慶喜氏(朝鮮中央通信=共同)=2020年1月25日 写真提供:共同通信社

金敬姫氏が6年ぶりに公の場に

26日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩委員長の叔母、金敬姫氏が6年ぶりに公の場に姿を現し、平壌で25日に開かれた旧正月の記念公演を金正恩氏らと共に鑑賞した。金敬姫氏は金正恩氏に粛清されたナンバー2の張成沢氏の妻で、2013年の夫の粛清以降は動静が途絶えていた。

飯田)李雪主夫人の隣に座っているという姿が見えましたが、どう見たらいいですか?

須田)大前提として、いまの北朝鮮の権力構図がどうなっているのかを伺い知る上で、非常に重要なニュースだと思います。各国の情報諜報機関が、この動きに注目していると思います。夫の張成沢氏が中国と親密な関係にあって、経済的な結びつきを強めていたことが怒りを買い、銃殺刑になりました。金敬姫氏については、それ以降の動静が途絶えていた。金敬姫氏はただの妻ではなく、政治的な影響力を持った妻という存在です。

朝鮮労働党中央委員会総会3日目に出席する金正恩党委員長=朝鮮中央通信が12月31日に配信(北朝鮮・平壌) 写真提供:時事通信社

もう1度中国との関係改善に動くということか

須田)実はフランス・パリの病院に入院しているという情報を、日本の公安当局は掴んでいました。私は2018年、他の取材でパリを訪れた際にその病院へ行ってみたら、確認は取っていませんが、厳重な警戒体制が取られていました。そのフロアには行くことができなかった。要するに、金敬姫氏が命を狙われていた。だから事実上フランスへ亡命して、身の安全を図るために病院に入院し、フランス当局にガードしてもらっていたというのが、日本の公安当局が得ていた情報です。それがいま北朝鮮で、ある種の復権という状況になった。これはどういう変化が起きたのか? それを伺い知るには重要で、貴重な情報です。いま北朝鮮は、アメリカとの関係改善が進んで行かない状況にある。確かにトランプ大統領との個人的な関係は構築することができたけれども、経済制裁の解除という目的には達していない。その可能性も極めて低い。こういう状況のなかで、もしかすると北朝鮮がもう1回、中国との関係改善に動くこともあるのではないかとも読み取れます。

飯田)命を狙われていたとすると、狙っていた主語は当然、金正恩氏になりますよね。それが逆回転を向くということは、その権力基盤が相当揺らいで来ていると見て取れるわけですか?

金平一-Wikipediaより

金正恩氏の権力基盤が揺らいでいるのか、大きな方針転換が行われたのか

須田)権力基盤が揺らいでいるのか、それとも方針転換が行われたのか、ということです。その辺を今後は見極める必要があると思います。

飯田)長い間ヨーロッパに大使でいた、金正日氏の弟も確か帰りました。処刑されるために帰るのではないかという話も言われていましたが、いまのところそういう情報は出ていないですものね。

須田)各国にいる北朝鮮大使も続々と帰還命令が出ていて、戻っています。一体、北朝鮮で何が起こっているのか、場合によっては大きな方針転換が行われる可能性もある。2019年暮れの中央委員会も長時間行われました。

飯田)異例の長時間だったそうですね。

須田)そういうところを見ると、何らかの変化が起こるのではないかと。権力基盤が揺らぐような変化なのか、それとも外交安全保障上の方針の大転換なのか、いずれにしても目が離せない状況になっていると思います。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top