新型コロナで入国制限のサウジに入国した日本人記者の“タフネゴシエーションの一部始終”

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月5日放送)に中東に取材で滞在しているライターの土屋真光が電話出演。中東各国で実施されている日本人への入国制限の状況について解説した。

メッカのカアバ神殿(サウジアラビア-Wikipediaより)

新型コロナウイルス~22の国と地域で日本人らが入国制限

外務省によると、日本を含む感染者が確認された国からの入国制限を実施しているのは、現在22の国と地域となっている。また、入国できても日本からの渡航者に医療機関での検査や経過観察などを義務付けているのは、39の国と地域となっている。

飯田)入国の一時停止措置や、記憶に新しいところでは、インドがビザを無効にするなどの措置を取ったということが伝えられています。それ以外にも太平洋諸国の島々が中心となりますが、中東ではイスラエル、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーンなどが入国の一時停止、あるいは入国制限が行われているということです。この時間は制限されている国の1つ、サウジアラビアに直近で行って来たという、フリーライターの土屋真光さんと電話をつないでお話を伺います。いまはどちらにいらっしゃいますか?

土屋)いまは中東のドバイにおります。

飯田)直前でサウジアラビアに行かれたということですが、入国の制限措置が出る前に入ったのですか?

【新型コロナウイルス 関空警戒】サーモグラフィーで乗客の体温がチェックされていた=2020年1月23日午前、関西国際空港 写真提供:産経新聞社

サウジアラビアに入る当日に入国制限が実施

土屋)日本を出発してから、サウジアラビアに入る当日に「日本人は入ってはいけません」という制限が出ました。

飯田)当日ということは、飛行機に乗れるか乗れないかという話になるわけですね?

土屋)そうですね。今回、ロンドンからカイロを経由してイラクに入る予定だったのですが、カイロで飛行機に乗るところでパスポートをチェックされて、「君はこの飛行機には乗れない」と言われました。最初は何が起こったのかまったくわからなくて、ビザを持っていると言ったのですが、そういう問題ではないのだと。

飯田)お達しが出ていると。

土屋)そうです。まさかそのようなところで言われるとは思いませんでした。ついさっき発効されたということでした。

飯田)普通でしたら、そこで「そうか」と諦めてしまいますが。

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

競馬「サウジカップ」の取材記者として得られたサウジへの入国許可

土屋)そうですね。「そうか」と言って引き下がれるものでもありませんので、どうしたものかと思いました。もともとサウジアラビアの後、2月29日にいまいるドバイに来る予定ではいたので、一旦ドバイに移動しました。28日にドバイでこの後どうしようかと考えていたところ、「どうも日本人が行けるらしいぞ」という情報を得たのです。28日と29日に、サウジアラビアで「サウジカップ」という競馬の大きい大会があったのです。

飯田)あの武豊さんが勝った。

土屋)そうです。もともと僕はその取材に行くために、サウジアラビアに向かっていたのです。

飯田)なるほど。では、取材用のビザはあったわけですか?

土屋)はい。「サウジカップ」に行くオーナーや記者は、日本人でも入れたという情報が入って来たのです。

飯田)それならば、取材する俺だって行けるだろうと。

土屋)そうです。

飯田)飛行機のチケットはその時点で買ったのですか?

土屋)そこから改めて買い直しました。最終的には行けたのですが、「サウジカップ」のことが末端の職員にまで届いていなくて、「うちは行ける」「うちは行けない」という状況でした。

飯田)航空会社によってもいろいろ判断が分かれると。飛行機に無理やり乗っても、着いた先でまた入国できる、できないで揉めたのではないですか?

キング・ファハド国際空港-Wikipediaより

タフネゴシエーションの末、入国

土屋)はい。イミグレーションでもサウジカップの話は届いていませんでした。さらに、日本も入国制限を受けていますが、同じようにコロナウイルスが発生している国がたくさんあって、その他の国の人たちも当然、入国制限の対象になっているわけです。

飯田)空港にはそういう人たちがたくさんいたのですか?

土屋)そうですね。そうした人たちが溢れているなかで、職員もパスポートを見て日本だからダメ、どこの国だからダメと決めていたようで、簡単に帰れと言われてしまいました。「いや、調べてくださいよ」と言っても、向こうも手一杯ですから、なかなかやってくれないのです。

飯田)そこをタフネゴシエートしなければいけなかったわけですね。

土屋)そうなのです。1度ダメと言った職員は、なかなかいいとは言ってくれないので、次から次へといろいろな職員に訊いて、最後は空港の別のオフィスに行けと言われました。オフィスに行ったら10~20分くらい待たされまして、サウジカップの取材ならば、まだ効いているからいいよと言われて入れたということです。

「住民以外の出入りを禁じる」といった張り紙がなされた北京市内の「社区」の入り口 撮影日:2020年02月09日 写真提供:産経新聞社

アジア人への差別はないが

飯田)なるほど。ヨーロッパなどでは、アジア人は差別されるということが言われていますが、中東各国の雰囲気はどうですか?

土屋)そうですね。アジア人だから差別されることはないと思うのですが、入国制限をしている人たちからすると、「入って来るな」というような空気は感じましたね。

飯田)各国とも感染対策はやっていますか?

土屋)それが、なかに入ってみると意外と何もしていません。ドバイに来たところで、僕が着いたときはなかったのですが、翌日くらいから日本人に対しては自主的なモニタリングをするようにという呼びかけがありました。長く住んでいてドバイの居住証のようなものを持っている人たちも、ドバイのイミグレーションを通るときに居住証で出入りできたものが、日本のパスポートを使うように言われていると聞いています。

飯田)国籍を明らかにして、何かあったときにいろいろ遡ることができるようにすると。

土屋)日本のパスポートには、どこに行ったのかという情報が入っていますので、そこでコントロールするのが狙いだと思います。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top