スマートキャンプ株式会社 代表取締役 古橋智史~コロナ後もテレワークの流れは止まらない

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)にスマートキャンプ株式会社・代表取締役 古橋智史が出演。自らの会社が軌道にのるまでの経緯、また、コロナ後の社会の仕事のあり方について語った。

スマートキャンプ株式会社・代表取締役 古橋智史

黒木)今週のゲストはスマートキャンプ株式会社・代表取締役の古橋智史さんです。その若さで企業を運営していると、厳しいこともあると思います。最初は1人で起こして、2年目から仲間が徐々に増えて来たということですが。

古橋)そうですね。2年目で2~3人が入って来てくれて、3年目で15人になり、4年目で30人になって、5年目で60人になりました。いまは社員が80人くらいです。パート、アルバイトさんを入れると120~130人くらいまで増えました。

黒木)手ごたえはどのあたりから感じられましたか?

古橋)最初の3年間は修行というか、もぐって作業するという感じでした。2年目から3年目の間にようやくBOXILが社会的にある程度認知されて来て、売上も上がって来ました。そのころからですね、世の中的にもニーズがあると思えたのは。

黒木)「これは社会に必要だ」という思いでやって来られたのですか?

古橋)そうです。そこからブレずにやろうと思い、やって来ました。

黒木)そのなかで、前にいらした会社でつけた営業力をどう活かしたのですか?

古橋)営業力ですね。新規開拓、交渉に営業力は重要だと思っています。あとは銀行の経験を活かして、金融機関から融資、投資を受けています。

黒木)それはお手のものでしょう。

古橋)銀行は10ヵ月で辞めているので、ノウハウはありません。お金を借りることは簡単だと思っていましたが、最初は借りることができませんでした。融資を受けるときは、ある程度数字も伸びていないといけません。融資を受けるときや投資を受けるときには、交渉が発生します。交渉力が重要なので、それがいまも活きていると思います。

黒木)IT企業と言っても、コミュニケーションが大事だということですね。

古橋)その通りだと思います。もちろんウェブサイトをつくるためには、プログラミング言語が必要ですが、根本的には、対面でコミュニケーションをして、相手の理解を得て、対価を払ってもらうということは何も変わりはありません。それを媒介するものがインターネットだということで、基本的には何も変わりません。

黒木)テレワークというのが主流になって来ていますが、そのために導入するソフトウェアのサービスを比較して、どこのものがいいかということを法人向けにやっていらっしゃるのですね。

古橋)そうです。実際に弊社でも導入して使っています。弊社は完全にリモート化しています。1ヵ月以上、社員の誰にも会っていません。オンライン上では会っていますが。

黒木)これを機に社会が変わって行く感じがしますか?

古橋)まだ、どうなるのか見えていませんが、基本的には、必ずしも同じ場所に集まっていなければいけないということは、今回のコロナを機になくなると思っています。このまま在宅で働かれる人もいるでしょうし、これまでも地方や海外からアクセスしてリモートで仕事をするという状態がIT企業では普通だったのですが、ITではない会社にも浸透して行くと思います。この1~2ヵ月でみなさん体感されて、「できる」と確信したと思うので、この流れは基本的には止まらないと思います。もちろん対面で会う必要性は出て来ると思いますが、全部対面には戻らず、オンラインが前提で対面も加わる形になると思います。

スマートキャンプ株式会社・代表取締役 古橋智史

古橋智史(ふるはし・さとし)/スマートキャンプ株式会社 代表取締役

■1988年生まれ、東京都出身。立教大学卒業後、みずほ銀行に入行。
■2012年、株式会社Speee入社。SEOサービスの新規開拓営業にて年間売上1億円を達成。
■株式会社ネットマイルにて事業立ち上げを経験した後、2014年6月スマートキャンプ株式会社を設立。代表取締役に就任。

スマートキャンプ株式会社

■法人向けSaaSの比較・検索サイト「BOXIL SaaS」を軸に、コンサルティング、メディア、広告、SaaS開発、イベントなどのさまざまな事業を展開。
■2019年11月にM&Aを経てマネーフォワードグループにグループ会社として参画。

SaaSとは…

■ソフトウェア・アズ・ア・サービスの略称。クラウドで提供されるソフトウェアのこと。
■ユーザーがソフトウェアをインストールしなくても、ネットワーク経由でソフトウェアの機能性を活用できる。

BOXIL SaaSとは…

■法人向けSaaSの口コミ・比較サイト。コスト削減や売上向上につながるSaaSの導入を1万件以上の口コミと詳細なサービス比較を通して検討することができる。
■BOXILに掲載可能なSaaSの領域はマーケティング、営業、コラボレーション、人事、会計など多岐にわたり、掲載されているプロダクトは現在1000種類以上。
■SaaS企業は「BOXIL」にサービス情報を掲載することによって、サービスに興味がある・導入を検討している見込み顧客を簡単に獲得することができる。
■一方、導入を希望する企業は、プロダクトの評価をもとに比較検討・資料請求ができる。
■月間1000万PV、登録会員数は12万人を抱えている。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top