スマートキャンプ株式会社・代表取締役 古橋智史~就職した銀行を10ヵ月で辞めて起業した理由

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)にスマートキャンプ株式会社・代表取締役 古橋智史が出演。法人向けSaaSの比較・検索サイト「BOXIL SaaS」をつくるに至った経緯について語った。

スマートキャンプ株式会社・代表取締役 古橋智史

黒木)今週のゲストはスマートキャンプ株式会社・代表取締役の古橋智史さんです。銀行へ就職されたけれど、数ヵ月で辞められたということですが。 

古橋)銀行にいたのでITリテラシーが苦手ではなかったのですけれど、すごく詳しいわけでもありませんでした。1回海外へ行って、うまく行かなくて、帰って来て起業するというときは、本当に何もない状態でした。失うものもないし、プラスしかないという気持ちが強かったです。

黒木)会社員ではダメだとご自分で思われたということなのですが、どう思われたのですか?

古橋)起業したいとは特に考えてはいなかったのですが、社会人1年目に、自分が納得の行く仕事がしたいと強く思いました。それでいろいろ考えていたのですが、「自分が続けることができるものは何だろう」と思ったときに、起業という選択に至りました。

黒木)でも、起業するのは勇気が要りますよね。大きな会社にいるほうが安心ではあります。

古橋)親からはすごく反対されました。

黒木)銀行を10ヵ月ほどでお辞めになったとき、スパッと辞められましたか?

古橋)全然辞められなかったです。会社にも止められますし、熊本支店にいたので、辞めてどうするのかということもありました。その後どうするのか、特に何か決めていたわけでもないので、冷静に考えたら親は怒りますよね。しかし、退路を断たないと、絶対に前へ進めないだろうという気持ちが強くありました。

黒木)その原動力は何だったのですか?

古橋)大学時代は4年間、水上スキーに費やしました。マイナースポーツだったので、練習場所の確保や試合の遠征費など、自分たちで頭を使って動かすことが多かったのです。日本一になりたいという思いもあったし、明確な目標があって、みんなで頑張るのが当たり前だと思っていました。そんな、大分痛い感じのキラキラした社会人として入ったので、あまりに現実が違って、「これは何だ」と思ってしまったのです。

黒木)普通は、そこから社会と折り合いをつけて行くではないですか。

古橋)おっしゃる通りで、僕はその折り合いがつかなかったのです。みんなは、「社会ってこうだよね」と言って過ごして行くのですよね。いまだったら、あの当時の異常な勢いはなくなっているかも知れません。当時は「絶対に違う」と思って飛び出しました。

黒木)そのときはまだ、ここへ結びついていないわけですからね。

古橋)始めたときはがむしゃらでした。

黒木)最初は何人くらいでやられたのですか?

古橋)1人ですね。

黒木)1人で。

古橋)お金もなかったですし、1年くらい。最初は1人で全部つくっていました。

黒木)その前に「Speee」というベンチャー企業に入られたのですよね?

古橋)集客に困っているインターネットのサイトを運営している人に、コンサルティングする会社です。営業の電話をガンガンかけて、検索の順位を上げる仕事を取るということを、1年くらい修行させてもらって、それから起業しました。

黒木)自分のなかの経験値を上げるために、1年間就職なさったということですね

古橋)その会社での経験は、いまも活きていると思います。

黒木)志がないとできないですよね。

古橋)そうですね。目標というか「自分はこうありたい」というのが強かったので、それがある種、体現できています。まだまだ足りていませんが。

スマートキャンプ株式会社・代表取締役 古橋智史

古橋智史(ふるはし・さとし)/スマートキャンプ株式会社 代表取締役

■1988年生まれ、東京都出身。立教大学卒業後、みずほ銀行に入行。
■2012年、株式会社Speee入社。SEOサービスの新規開拓営業にて年間売上1億円を達成。
■株式会社ネットマイルにて事業立ち上げを経験した後、2014年6月スマートキャンプ株式会社を設立。代表取締役に就任。

スマートキャンプ株式会社

■法人向けSaaSの比較・検索サイト「BOXIL SaaS」を軸に、コンサルティング、メディア、広告、SaaS開発、イベントなどのさまざまな事業を展開。
■2019年11月にM&Aを経てマネーフォワードグループにグループ会社として参画。

SaaSとは…

■ソフトウェア・アズ・ア・サービスの略称。クラウドで提供されるソフトウェアのこと。
■ユーザーがソフトウェアをインストールしなくても、ネットワーク経由でソフトウェアの機能性を活用できる。

BOXIL SaaSとは…

■法人向けSaaSの口コミ・比較サイト。コスト削減や売上向上につながるSaaSの導入を1万件以上の口コミと詳細なサービス比較を通して検討することができる。
■BOXILに掲載可能なSaaSの領域はマーケティング、営業、コラボレーション、人事、会計など多岐にわたり、掲載されているプロダクトは現在1000種類以上。
■SaaS企業は「BOXIL」にサービス情報を掲載することによって、サービスに興味がある・導入を検討している見込み顧客を簡単に獲得することができる。
■一方、導入を希望する企業は、プロダクトの評価をもとに比較検討・資料請求ができる。
■月間1000万PV、登録会員数は12万人を抱えている。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top