『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』天国はVR!?

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第868回】

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、Amazonプライム・ビデオで独占配信中のオリジナルドラマ『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』をご紹介します。

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』のあらすじ

時は、2033年。世の中は、死が目前に迫った人々が、6つのテクノロジー企業が経営する仮想現実のホテルに“アップロード”されることが可能な世界となっていた。

贅沢な死後の世界“レイクビュー”の顧客サービススタッフ、通称“天使”として働くノラ。決して豊かとは言えないが、ブルックリンで堅実な生活を送っている。

彼女の新たな顧客となったのが、ロサンゼルスに住む、裕福でパーティーが大好きなプログラマーのネイサン。彼は自動運転の車が事故を起こし、病院に運ばれた際、ガールフレンドのイングリッドの独断で、“レイクビュー”にアップロードされてしまう。

仮想現実の世界で一生暮らすことになったネイサンは、“天使”として働くノラと出会い……。

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

ユーモアたっぷりに描かれた“死後の世界”とは……

斬新な世界観とシュールな笑いで視聴者の心をガッチリと掴み、配信スタートからわずか1週間でシーズン2の製作が決定したオリジナルドラマ、『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』。

本作で描かれているのは、タイトルの通り“デジタルなあの世”。これまでありそうでなかった“死後の世界”をユーモアたっぷりに描いた、SFコメディです。

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』のみどころ

まず特筆すべきは、描かれている世界観の斬新さ。死亡する前に通常どおりの“死”を選ぶか、はたまた“アップロード”と呼ばれる“第2の人生”を選ぶか……。

主人公がアップロードされた世界は、まるでゲームやバーチャルリアリティのなかに入り込んだかのよう。ネイサンが転送された“レイクビュー”と呼ばれる仮想空間は、湖畔に建つ豪華なホテル。眺めは最高で、毎日豪華な食事に舌鼓を打ち、現世の人々と電話で会話を楽しむことも。

現代社会になぞらえた緻密な描写が功を奏し、「本当にこんな空間があるのかも!?」と錯覚してしまうほどのリアリティが感じられる作風となっています。

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

こんなにゴージャスな“第2の人生”を送ることができるなら、自分も“アップロード”されてみたい! そんな風に感じる人も多いかも知れませんが、世の中はそんなに甘くはなく、さまざまな“カラクリ”が明らかとなり……。

さらには、主人公の記憶を辿るサスペンスフルな展開も。海外ドラマファンの間で「掛け値なしに面白い!」と評判なのも、納得の1作です。

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』

<作品情報>

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~』(1話30分・全10話)

Amazon Prime Videoにて独占配信中
監督:デビッド・ロジャーズ、ケイシー・アニング、グレッグ・ダニエルズ、ジェフリー・ブリッツ、ダイナ・リード、ジョナサン・バン・タルケン
製作総指揮:グレッグ・ダニエルズ
製作:デビッド・ロジャーズ、グレッグ・ダニエルズ、マーク・ダグラス、ハワード・クレイン、アレックス・シャーマン、ケイティ・ ストランク、マイク・ローレンス、シェパード・ブーシェー、ショーン・ウィリアムソン、ジル・ダントン、アリッサ・レーン、クリスティーナ・ベラーノ、アリエル・ボアバート、ブレント・フォレスター
脚本:グレッグ・ダニエルズ、アレックス・シャーマン、マイク・ローレンス、シェパード・ブーシェー、アリッサ・レーン、オーウェン・ダニエルズ、メアリー・グリーノ、エイジア・ラシェイ・ブロック
出演:アンディ・アロー、ケビン・ビグリー、ロビー・アメル、アレグラ・エドワーズ、ザイナブ・ジョンソン
公式サイト https://www.amazon.co.jp/-/en/dp/B087QPFFCJ
原題:Upload(TV series)

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

Page top