胃痛の原因がストレスか疾患か、見分ける方法は? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「胃痛の原因の判断」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(9月9日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『最近胃の痛むことが増えました。仕事のこと、家族のこと、いろいろ考えることも増え、ストレスもあるのかなと感じます。この痛みはストレスからくる胃痛なのか、疾患の胃痛なのか、見分ける方法ってあるのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「これは、一概には区別がつきません。

過度なストレスは自律神経を乱してしまい、過剰な胃酸を分泌させ、胃痛を引き起こす原因の一つになるというのは事実です。

しかし、胃痛の原因は他にも生活習慣や煙草、薬の服用、ピロリ菌の感染などのさまざまな原因が関わっているために、1つに見極めるのは簡単なことではありません。

ストレス性の胃痛か、何かの病気が隠れているのか、自己判断というのは危険ですから、これは避けて、気になる痛みが続く場合は消化器科を受診することをお奨めします」

協力:医療ジャーナリスト・横井かずえ
監修:日本健診財団

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top