鼻水って何? すすっちゃダメなの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(2月11日放送)で、「鼻水」に関して医師が回答した。

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『10年ほど風邪をひかない丈夫な体が自慢でしたが、今年に入って風邪をひいてしまいました。久しぶりに鼻水に悩まされています。かんでもかんでも出て来る。そのうち、「鼻水ってそもそも何なのだろう? かんだ方がいいのか、すすってばかりいてはダメなのだろうか?」と疑問が湧いて来ました。鼻水について詳しく知りたいです』に対して、医師が回答した。

鼻は呼吸をするときに、空気を取り入れる最初の器官であることはご存知ですよね?

体を守るために、入って来る空気の温度や湿度を調節したり、異物の侵入を防いだりする必要があります。ですから、鼻のなかの粘膜はいつも湿った状態で、ある程度の粘液が分泌されています。それが鼻水です。

目を守るために涙がいつも目を覆っていますが、目と鼻は鼻涙管というトンネルでつながっていて、分泌された涙が鼻のなかにも入って来ます。つまり、涙も鼻水の一部になっています。

異物が入って来た場合などに分泌量が多くなると、鼻水がたらりと垂れて来るのです。垂れたままでは少しみっともないですから、鼻水はかむといいと思いますが、別にすすっても構いません。

回答協力:東京衛生アドベンチスト病院

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top