あけの語りびと

“青森の清志郎”がサラリーマンから夢のCDデビューとなったきっかけは

By -  公開:  更新:

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

写真提供:オサムちゃん&ニコニコサクセション with 梅津和時

青森市のライブハウス「青森Quarter(クォーター)」。シーナ&ザ・ロケッツ、THE BLUE HEARTS、ユニコーン、X、聖飢魔IIなど、数多くのミュージシャンがツアーで訪れています。

そんな青森に、“青森の清志郎”と言われる人がいます。“青森の清志郎”こと今井治さんは、4月28日に夢のCDデビューを果たしました。今井さんがどうして清志郎に魅せられたのか……こんな人生がありました。

写真提供:オサムちゃん&ニコニコサクセション with 梅津和時

今井治さんは、東京生まれの54歳。ニックネームは「オサムちゃん」。中学3年生になる春、父の実家がある青森へ家族で引っ越して来ました。

何が困ったかというと、先生や生徒の津軽弁が英語よりもわからないこと。中学時代はクラスでも目立たない、ちょっと陰気な生徒だったと言います。

RCサクセションとの出会いは、高校2年生のころ。RCのコピーバンドをやっていた同級生から、「キーボードを弾ける奴がいないから、やってくれないか?」と頼まれます。歌うことより楽器の演奏に興味があった今井さんは、それを引き受けます。

その翌年、青森市文化会館にRCがやって来ました。友達に誘われ見に行くと……。

「ステージから5~6列目の席だったんです。清志郎が登場すると、服も化粧も髪型もド派手で、走る、ジャンプする、転がる、踊る、寝そべる! それでもしっかりと声が出ていて、カセットテープで聴いていた声のままでした。『すごい! キーボードなんてやっていられない、自分が清志郎になるんだ!』と思いました」

この日から清志郎一筋になるのですが、マイクを握って歌ってみると、あの声がまったく出せない。

「そんな歌じゃボーカルは任せられないよ」と仲間に却下され、その後、コピーバンドはライブをすることもなく自然消滅となりました。

写真提供:オサムちゃん&ニコニコサクセション with 梅津和時

高校を卒業後、サラリーマンになっても、清志郎になる夢は消えません。休日はストリートミュージシャンとして、ギター1本で歌い続ける今井さんに転機が訪れたのは、12年前の2009年のことでした。

「その年の5月に清志郎が亡くなって、追悼ライブをやろうと、高校時代のバンド仲間に呼びかけて『ニコニコサクセション』を結成したんです。新調したピンクのコンテンポラリースーツを着込んで、化粧と髪型もバッチリ決めて、『八甲田丸港フェスタ』のステージに立ったのが、僕にとって初のライブでした。『雨あがりの夜空に』や『トランジスタ・ラジオ』など心を込めて歌うと、客席から『キヨシロー!』と声がかかり、最高の気分でしたね」

そのころからYouTubeにライブ映像を投稿するようになって、“青森の清志郎”が少しずつ知られるようになって行きます。

初ライブから5年後。YouTubeの映像が巡り巡って、ひょんなことからサックス奏者の梅津和時さんに“青森の清志郎”の存在が伝わります。

「梅津さんは、清志郎のステージやレコーディングでサックスを吹いていた有名なミュージシャンで、その息子さんのバンドに呼ばれ、阿佐ヶ谷のライブハウスで梅津さんと共演させてもらったんです。ライブが終わって、梅津さんから『清志郎がオサムちゃんのことを見たら、喜んでくれるよ』と言われたとき、涙が出るほど嬉しかった。清志郎になりきって歌っていると、賞賛してくれる人もいますが、なかにはあまりよく思わない人もいます。でも、清志郎の隣で音楽を奏でて来た梅津さんの言葉で、『いままでやって来てよかった』と思いました」

写真提供:オサムちゃん&ニコニコサクセション with 梅津和時

「清志郎は人生の先生」と言う今井さん。勇気をもらえる、いちばん好きな言葉があるそうです。

『君がもしも君の音楽を信じていて、自分のつくり出す音をみんなに聴いて欲しいと思うなら、それを続けるべきだ。誰に何と言われようと最高の音楽なんだろう?』

この言葉を胸に、何と言われようと覚悟を決めて歌い続けるオサムちゃん。

「いつも天国の清志郎に届くように歌っています。『聴いてるかい!』ってね」

デビューアルバム『ライブ!オサムちゃん登場!』(オサムちゃん&ニコニコサクセション with 梅津和時)

■デビューアルバム『ライブ!オサムちゃん登場!』

オサムちゃん&ニコニコサクセション with 梅津和時
レーベル:P-VINE, Inc.
定価:¥2750(税抜¥2500)

■(株)Pヴァイン(P-VINE, Inc.)
http://p-vine.jp

番組情報

上柳昌彦 あさぼらけ

月曜 5:00-6:00 火-金曜 4:30-6:00

番組HP

眠い朝、辛い朝、元気な朝、、、、それぞれの気持ちをもって朝を迎える皆さん一人一人に その日一日を10%前向きになってもらえるように心がけているトークラジオ


Page top