岡田准一主演『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』 超絶アクションであなたを魅了する

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1001回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、現在、絶賛公開中の『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』をご紹介します。

画像を見る(全8枚) 『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

映画館で観たい!『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』~あの伝説の殺し屋が、またもやスクリーンで大暴れ!

南勝久の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化し、大ヒットを記録した『ザ・ファブル』の第2弾が、待望の劇場公開となりました。

原作ファンの間で“いちばん泣けるエピソード”として知られる「宇津帆編」を映画化した『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』。

度肝を抜くアクション、豪華なキャスト、ハッピーな笑い。すべてが前作よりもバージョンアップ! 最強の殺し屋“ファブル”が、究極のミッションに挑みます。

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のあらすじ

どんな相手でも6秒以内に仕留める、伝説の殺し屋“ファブル”。1年間誰も殺さずに“一般人”として“普通に”生きることをボスから命じられた彼は、“佐藤アキラ”という偽名を使い、相棒のヨウコと一緒に兄妹を装って暮らしていた。

彼らが身を潜めるこの街では、「子供たちを危険から守る会」という名のNPO団体で代表を務める宇津帆という男が活動している。しかしそれは表向きの顔で、実は、裏では緻密な計画で若者を殺害している危険な男だった。

宇津帆は凄腕の殺し屋・鈴木とともに、かつて自身の弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐を画策。同じころ、アキラは4年前の事件で出会った車椅子の少女・ヒナコと偶然再会し……。

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のみどころ

“ファブル”こと佐藤アキラを演じるのは、もちろん岡田准一。強靭な肉体と精神を持つ殺し屋なのに、お茶目さん……というギャップのあるキャラクターは、今作でも健在。

主演だけでなく、ファイトコレオグラファーとして初期段階からアクションづくりにも参加し、攻めのアクションを披露しています。

ファブルの相棒であり妹として一般社会に潜入するヨウコ役の木村文乃をはじめ、佐藤浩市、佐藤二朗、山本美月、安田顕、井之脇海、宮川大輔など、個性豊かなキャストが再集結しているのも嬉しいところ。

さらに新キャストとして堤真一、平手友梨奈、安藤政信が参戦。ファブルとどのようなドラマを繰り広げるか、注目です。

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

前作同様に、超絶アクションシーンは今作の大きな見どころのひとつ。なかでも、団地一棟を丸ごと使っての大掛かりな“団地パニックアクション”は、日本映画では観たことがないような規格外の迫力。

地上7階建、高さ18メートルの位置に設置された足場を豪快に大爆破させ、崩れて行くなかを縦横無尽に駆け抜けるシーンは、アクションスター岡田准一の真骨頂。身体能力の高さを窺い知ることができ、興奮を覚えることしきりです。

それと同時に、俳優陣たちの熱演が生む人間ドラマも見応えたっぷり。“誰も殺さない最強の殺し屋”の活躍を、是非、スクリーンで堪能して。

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

■ザ・ファブル 殺さない殺し屋

2021年6月18日(金)から全国ロードショー
出演:岡田准一、木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、黒瀬純(パンクブーブー)、好井まさお(井下好井)、橋本マナミ、宮川大輔、山本美月、佐藤二朗、井之脇海、安田顕、佐藤浩市、堤真一
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤンマガKC」刊)
監督:江口カン
アクション監督:横山誠  ファイトコレオグラファー:岡田准一
主題歌:レディー・ガガ&アリアナ・グランデ「レイン・オン・ミー」(ユニバーサル ミュージック)
松竹×日本テレビ共同幹事作品
制作プロダクション:ギークサイト
配給:松竹
(C) 2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会
公式サイト https://the-fable-movie.jp/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

Page top