あけの語りびと

「田舎弁当」って何? “関東一小さな村”になぜ店を構えたのか

By -  公開:  更新:

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

「田舎弁当」

「丹波山村(たばやまむら)」という村がどこにあるか、皆さんご存知でしょうか?

青梅街道を西へ行き、青梅、奥多摩、小河内ダムを越えて山梨県に入ると、人口わずか540人ほどの関東一小さな村が見えて来ます。かつては武田信玄の金山の郷で栄え、甲州裏街道の宿場「丹波宿」として賑わっていました。

そんな丹波山村に「再び“あかり”を灯したい」と、2021年7月15日、地元の食材を使った「田舎弁当」が人気の、憩いの場がオープンしました。

お店の名前は「灯里(あかり)」。明るい笑顔でお客さんを出迎えてくれるのは、西山寿恵さん・38歳です。

開店したばかりの「灯里」と、西山寿恵さん

西山さんは埼玉県川口市の出身で、小学生からガールスカウトに入り、中学・高校ではバレーボールの選手に。大学では英語を学び、建設会社に就職し、その後、銀座の百貨店に転職。25歳までガールスカウトをしていたので、活動的で責任感の強い女性です。

趣味は登山。ある日、北アルプスの燕岳(つばくろだけ)の山小屋で、スタッフを募集していることを知ります。募集要項は「明るくて元気な方、集団行動ができる方、体力のある方」。

「これって私のことだ! 好きな山で働きたい」と、6年勤めた百貨店を辞めて、標高2712mの尾根にある「燕山荘」で働き始めます。

囲炉裏

「両親は驚いていましたが、言ったら聞かない性格なので諦めていましたね。山小屋では、食事の支度や布団干し、トイレ掃除、接客など忙しく働きましたが、雄大な北アルプスでの生活は楽しいことが多かったです」

そんな西山さんに再び転機が訪れたのは、36歳のころ。丹波山村が、村民や来村者のための交流施設をつくるにあたり、調理経験があって接客もできるスタッフを募集していることを知ります。

自分の経験が、この村のために活かせるのではないかと、「地域おこし協力隊」に応募。その後、採用が決まって西山さんが丹波山村にやって来たのは、2021年4月1日のことでした。

かまど

丹波山村での生活が始まって、西山さんがいちばん心配したことは、初めての一人暮らしでした。

「寂しがり屋なので大丈夫かな……と思ったのですが、そんな心配は初日で吹き飛びましたね。ご近所の方がとても親切で、夕飯のおかずを持って来てくれたり、お酒に呼ばれたり、何かと構ってくれるんです。都会にはない地域の結びつきが強くて、寂しい気持ちになったことは一度もないんですよ」

村にはコンビニがありません。行くとしたら車で40分かかるそうです。

「困ったことは、朝にトイレットペーパーが切れそうになっていて、近くの商店がお休みだったりする場合です。ただ、そんな困ったときでも、仕方なくお隣に『ひと巻き貸してください。買ったら返しますから』ということが、この村ではできるんです」

西山寿恵さん

丹波山村が賑やかになるのは、夏休みシーズンです。村営の釣り場があり、川遊びやキャンプなどでたくさんの人が訪れます。それに合わせて、2021年7月15日に「灯里」がオープンしました。

築80年の古民家を改装した店内は、昔の田舎の家をそのままに、囲炉裏やかまどがあって、懐かしい憩いの場になっています。ここでの売りは、500円の日替わり「田舎弁当」。しかし、コロナの影響でお店を開けず、つくった「田舎弁当」を周辺のお年寄りのお宅に配達する日々が続きました。

「ペーパードライバーなので、狭い坂道でのすれ違いが本当に困りましたね。対向車が来ると恐怖で……。でも、地元の人は優しく道を譲ってくれるんですよ」

「安くて美味しい、毎日楽しみ!」と大評判の「田舎弁当」。飽きないようにと、西山さんは日替わりでメニューを考えています。また、嬉しい出会いもありました。

「灯里」のメニュー

「八王子からよく来てくれるご家族がいるんです。小学生の息子さんはお米が好きではないらしく、家では食べないのに、ここの田舎弁当ならパクパク食べてくれるんです。『美味しい』と言ってもらえるのが、いちばん嬉しいですね」

「灯里」では毎朝、薪を割り、かまどに火を入れ、お米は普段だと3升、多いときは9升ほど炊くこともあります。炊き上がったご飯はふんわり柔らかくて、いい香りがします。

「かまどで炊くのは初めての経験だったので、火加減がわからず、最初はおコゲどころか炭のように、ものすごく焦がしてしまったんですよ」

「地域おこし協力隊」の任期は3年で、春が来ると残り2年になります。

「都会に比べると、ここは何もないですが、何もないことが逆に心地いいのです。この村のよさを多くの人に知ってもらうために、『灯里』が皆さんの実家になるようにして行きたいです。2年後は……この村にずっと住んでいたいので、これからも『灯里』で皆さんをお待ちできればと思います」

「灯里」外観

■「灯里(あかり)」
住所:山梨県北都留郡丹波山村中組2557
営業時間:11:00~17:00(11:00~14:00までは昼食営業)
定休日:水曜日(不定休あり)
※駐車場、駐輪場あり。

日替わりメニュー

■「灯里」公式Twitter
https://twitter.com/akari_tabayama

※臨時休業、本日の「田舎弁当」などの情報はTwitterをご確認ください。

番組情報

上柳昌彦 あさぼらけ

月曜 5:00-6:00 火-金曜 4:30-6:00

番組HP

眠い朝、辛い朝、元気な朝、、、、それぞれの気持ちをもって朝を迎える皆さん一人一人に その日一日を10%前向きになってもらえるように心がけているトークラジオ

Page top