「七転び八起き」……7回転んだら、起きるのも「7回」じゃないの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。1月27日放送分のテーマは「七転び八起き/七転八倒」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

「七転び八起き」とは、7回転んで8回起き上がるという意味で、「何度失敗しても諦めずに立ち上がること」のたとえです。

「7回転んだのなら、7回起きるから……“七転び七起き”が正しいのでは?」と思いがちですが、語源には諸説あります。例えば、最初に立たないと転べないため、「立つ→転ぶ→立つ」の繰り返しになり、最終的に「七転び八起き」になるという説です。

また、人は生まれて来たときは寝ているので何もできませんが、周囲の方々に支えてもらうことで、初めて起き上がることができます。この「1回目の起き上がり」を加えて「七転び八起き」になったという説です。

「七転び八起き」と数字がよく似た言葉に、「七転八倒」があります。数字は似ているものの、「七転八倒」の方は何度も転げまわり、のたうち回るようにもがき苦しむという、「耐えられない苦しみや悲しみ」を表しています。

どちらも数字の「7」と「8」が使われていますが、これは「数が多い」という意味を表しているそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top