相手との距離を縮めるには「恩返ししたいと思わせる」心理が大事?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。2月22日放送分のテーマは「距離感のつくり方」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

相手との距離を縮める方法の1つに、「自分をオープンにさらけ出す」というものがあるそうです。

人は相手の方から何かをしてもらった場合、その好意に応えるため、「何か恩返ししよう」という心理が働きます。相手の方が何かをオープンにさらけ出して話してくれると、「こちらもさらけ出さなければ申し訳ない」と思うのだそうです。

とは言え、「自分をさらけ出したら、逆に嫌われてしまうのでは……」という不安から、実際にはブレーキをかけることが多くなりがちです。

相手の方との距離を少しでも縮めようとして、いろいろ質問したところ「逆に引かれて、距離が広がってしまった」という失敗もあります。その多くが、「自分にブレーキをかけて、さらけ出さない」のが原因なのだとか。

話題もあたりさわりのないものを選んでしまうため、話が広がりにくくなります。そこで、あえて過去の失敗談や笑い話などを伝え、自分をさらけ出すことで、相手も「そこまで話してくれるんだったら、自分も……」と思うのだそうです。

ただし、一方的に自分のことだけをベラベラと喋ったり、自慢話をしてしまうと、逆に相手を遠ざけてしまう可能性もあります。「加減」が大事です。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top