「スナメリ」ってイルカと何が違うの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。3月16日放送分のテーマは「スナメリ」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

スナメリは、小さなクジラの仲間です。また「ネズミイルカ科」に属しているため、イルカの仲間でもあるそうです。

日本沿岸で見られるスナメリの場合、体長は最大2m弱、平均で160cm~170cm。重さは40kg~70kgのため、人間の大人とあまり変わりません。

イルカの仲間ではありますが、他のイルカと違って頭が丸く、クチバシや背びれがないのが特徴です。その代わり、大きな胸びれがあります。明るくて人なつっこいイメージのイルカに対して、スナメリはとても繊細で敏感な性格をしています。

スナメリが生息しているのは、インド洋から東シナ海。日本では仙台湾や富山湾、伊勢湾、瀬戸内海などです。瀬戸内海のスナメリは、環境のシンボルとしても大切なものとされています。

スナメリは「瀬戸内海の食物連鎖の頂点にある」と考えられており、「海の汚染物質を体内にためやすい」と言われているそうです。そのため、「スナメリがたくさん生息している=美しい海の復活」のシンボルとして考えられているそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top