『ナイトメア・アリー』ギレルモ・デル・トロ監督最新作! 心狂わせる迷宮へようこそ

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1049回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画・ドラマを発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、3月25日公開の『ナイトメア・アリー』 をご紹介します。

画像を見る(全9枚) 『ナイトメア・アリー』

映画館で観たい!『ナイトメア・アリー』 ~美しくも妖しい映像美が、トラウマ級の“闇”へ誘う

『シェイプ・オブ・ウォーター』で第90回アカデミー賞の作品賞と監督賞をダブル受賞したギレルモ・デル・トロ監督。全世界が待望する彼の最新作『ナイトメア・アリー』が、ついに日本公開となりました。

3月28日(日本時間)に発表される第94回アカデミー賞では、作品賞を含む4部門にノミネートされている本作。光と闇に包まれたショービジネス界を舞台に贈る、妖しくも甘美なサスペンス・スリラーです。

『ナイトメア・アリー』

『ナイトメア・アリー』 のあらすじ

ショービジネスでの成功を夢見る、野心家の青年・スタン。彼がたどり着いたのは、人間か獣か正体不明な生き物“獣人(ギーク)”を出し物にする、カーニバルの一座だった。

読心術師のジーナに見初められ、彼女のショーを手伝いながら、スタンは自身も読心術を身につける。やがて“感電ショー”で人気の女芸人モリーとともに、華やかな世界でひと旗揚げようと大都会へ旅立つ。

それから2年後、スタンは人を惹きつける天性の才能とカリスマ性を武器に、トップクラスのショーマンとなっていた。しかし、心理学博士のリリス・リッターとの出会いが、さらなる野望に燃える彼の運命を、誰も想像しえなかった“闇”へと導いて行く……。

『ナイトメア・アリー』

『ナイトメア・アリー』 のみどころ

スタン役には、俳優として4度のアカデミー賞ノミネートを誇るブラッドリー・クーパー。

そして、スタンの人生を左右するエレガントな心理学博士リリス・リッターに、2度のオスカーに輝くケイト・ブランシェット。

お互いの心中を読み解こうとする、読心術師と精神科医。彼らが繰り広げる心理分析対決は、ミステリアスかつスリリングで見応えたっぷりです。

トニ・コレット、ウィレム・デフォー、ルーニー・マーラなどオスカー常連俳優、さらにはデル・トロ作品には欠かせないリチャード・ジェンキンスやロン・パールマンが名を連ねる豪華なキャスト陣も、個性豊かで存在感たっぷり。唯一無二の“デル・トロ・ワールド”に華を添えています。

『ナイトメア・アリー』

めくるめく映像美で観客を魅了しながら、主人公の運命が狂って行く様子を容赦なく描き出した本作は、寓話のような風合いを持ちながらも生々しいほどのリアリズムを放ち、ただただ圧倒されるばかり。

ギレルモ・デル・トロ監督が創り上げた、美しく魅惑的な“悪夢の小路=ナイトメア・アリー”。きっとあなたを、トラウマ級の耽美な映像体験へと誘ってくれます。

『ナイトメア・アリー』

『ナイトメア・アリー』

2022年3月25日(金)から全国ロードショー
監督・製作・共同脚本:ギレルモ・デル・トロ
出演:ブラッドリー・クーパー、ケイト・ブランシェット、トニ・コレット、ウィレム・デフォー、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ、ロン・パールマン、メアリー・スティーンバージェン、デヴィッド・ストラザーン ほか
原題:Nightmare Alley
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
公式サイト https://searchlightpictures.jp/movie/nightmare_alley.html

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

Page top