織姫と彦星でも「七夕に会えないパターン」があるって本当?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。6月29日放送分のテーマは「七夕伝説」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

日本の七夕の始まりの1つ、織姫と彦星の「七夕伝説」ですが、2人は年に一度……7月7日の夜にだけ会うことを許されています。

ところが、彼らが会うためには、2人の間を流れる天の川を渡らなければなりません。それを知ったカササギがたくさん飛んできて羽を広げ、橋を架けてくれました。それを渡って、2人は会うことができたそうです。

ただし、七夕に雨が降ると天の川の水かさが増し、カササギが羽を広げられません。そのため橋を架けてもらえず、渡ることができないのだとか。

そんな会えない悲しさから、七夕に降る雨は「催涙雨(さいるいう)」と呼ばれています。その一方で、七夕に降る雨は織姫と彦星が流す「嬉し涙」という説もあるそうです。

七夕の日は梅雨時の地域が多いですが、例えば東京の過去10年の天気では「晴れ」が3回で、2018年以降は「曇り」または「雨」の日が続いているそうです。

織姫と彦星は、天の川をはさんで輝いている星に例えられており、織姫はこと座の「ベガ」、彦星はわし座の「アルタイル」です。2つの星はとても離れているので、残念ながら七夕の夜に出会うことはないそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top