社民党・福島瑞穂党首「戦争への緊張を高めない努力を、社民党はやっていきたい」

By -  公開:  更新:

社民党の福島瑞穂党首が7月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。参院選における社民党の公約について語った。

ウクライナ北東部ハリコフ近郊の村で損傷し放置されたロシア軍の戦車。EPA=時事 写真提供:時事通信社

社民党・福島瑞穂党首に訊く参院選の公約

6月22日に公示された参議院選挙は、7月10日に投開票を迎える。同番組では、選挙期間中各党の代表や党首、幹部に党の公約や参院選の戦い方などを訊く。今回は社民党の福島瑞穂党首。

飯田)参院選が終盤に入ってまいりました。福島さんは全国を回っていらっしゃいますよね。昨日(7月4日)は新潟にいらっしゃいましたが。

福島)そうなのですよ。

飯田)回ってみて、有権者の方々のお顔を見て話して、手応えはいかがですか?

福島)今回の参議院選挙で「がんこに平和! くらしが一番」「戦争をさせない」と訴えているのですが、やはり物価高や暮らしのこと、憲法9条を変えさせないで欲しいという声もありますし、昨日は新潟でしたので、やはり原発の話はありました。いままでと違うのは、若い人たちからよく声を掛けられることです。

マイクロチップが装着された犬に読み取り機をかざして識別番号を確認するペットショップ店員=2022年2月、川崎市 写真提供:共同通信社

若い人から声を掛けられる

福島)非正規雇用のことや学費のこと、選択的夫婦別姓や同性婚やリプロのこと、若い人達が考えるテーマについてものすごく声を掛けられます。あとは動物愛護や香害のことなど、取り組んでいることについて声を掛けられるので、とても手応えを感じています。

飯田)いまのお話のなかで「リプロ」という言葉が耳馴染みのないものだったかも知れません。ぜひご説明いただければと思います。

福島)例えば女の人だったら生理、避妊、妊娠、中絶、出産、その後とあって、どれも重要ですよね。

飯田)そうですね。

福島)いまは緊急避妊薬を医者の処方なしでオンラインによる処方ができないかという話があります。中絶薬が認可される見通しがあるので、その費用の問題や、中絶するには配偶者の同意が要りますので、それがどうなのかという問題もあります。生理の貧困の問題もありますし、「中絶や出産を保険適用にして無料化して欲しい」など、いままで話せなかったようなことにも若い人たちが関心を持っていて、「頑張ってください」と言われます。

崖っぷちの状況のなかで独自の存在感を訴える

福島)現在、社民党は崖っぷちにいます。120万票を比例で獲れないと政党要件を失う可能性もあります。「だからあなたの力が必要です」と訴えています。社民党党首としては2人、240万票。3人、360万票と、とにかく議席を増やせるように皆さまの支援を訴えています。

飯田)議席を増やせるように。

福島)「いまこういう時代だから生活が大変」、あるいは「憲法をどうするか」という話のなかで、社民党の存在意義は実はますます高まっています。国会のなかに社民党のような政党がなくなるとバランスも悪くなりますし、「がんこに平和!」がなくなると困ると私も思っていますし、「頑張ってください」とも言われます。「社民党は崖っぷちだけれど、あなたの応援が必要で、しかも存在意義がある」ということを訴えています。

中国にはあらゆるレベルでの交流を含め、戦争への緊張を高めない努力をする

福島)中国に関して言えば、(日本とは)経済も親密で、たくさんのネットワークがあり、いろいろなレベルでの話し合いも可能だと思います。ウクライナの戦争はまさに「大国は武力で問題を解決できない」、「戦争を起こさないために政治的にどう努力するか」ということだと思います。

飯田)戦争を起こさせないために。

福島)「防衛予算を倍の11兆円にする」と自民党は言っていますが、そうなると、60兆円しかない税収のなかで教育予算や社会保障費が圧迫されるのは、火を見るよりあきらかです。防衛予算を倍にして軍備増強し、緊張を高める方向ではなく、外交やあらゆるレベルでの交流を含めて、戦争への緊張を高めない、緊張させない努力を社民党はやっていきたいと思っています。

北東アジアにおける安全保障構想 ~中国に対して武力で問題を解決しない

福島)以前2002年ごろに、社民党は土井ドクトリンとして「北東アジアにおける安全保障構想」を発表したことがあります。多国間における話し合いを含め、そのときも中国に対して「武力で問題を解決しないように」ということを社民党ははっきり言っています。先ほども言いましたが、中国とは経済も含めて、いろいろなレベルで関係が緊密ですので、社民党自身もあらゆる機会を捉えたいと思いますし、日本政府も戦争の緊張を高める方向でない外交や、さまざまなことを行うべきだと考えています。

北朝鮮とどう向き合うか

飯田)中国もそうですが、ロシアも北朝鮮もあるという日本の状況のなかで、まだ中国やロシアに対しては話し合いのパイプも見えるのですが、北朝鮮に関しては見えづらい。しかも我々の国民が拉致されている国に対して、どのようなアプローチを取ればいいのでしょうか?

福島)確かに拉致問題が日本政府では見えないということが大問題だと思います。おっしゃる通りで、中国やロシア以上に、北朝鮮にパイプがないということも問題だと思います。それにもかかわらず、どのようにして戦争への緊張を高めないようにするかということが大切だと思っています。

「3年間消費税ゼロ」「企業の内部留保へ時限的課税」

飯田)経済に関して、物価の上昇など有権者の皆さんも福島さんにさまざまなことを訴えていらっしゃると思いますが、社民党はどのような処方箋を出せますか?

福島)物価高に関しては、思い切って3年間消費税ゼロ、企業の内部留保484兆円に対し、時限的ですが課税することを訴えています。また24年間、実質賃金が下がっていますので、賃金を上げなければいけません。

「非正規雇用に正社員の道を」「最低賃金1500円」

福島)非正規雇用を拡大し、4割にした政治の責任は大きいと思いますので、非正規雇用に歯止めをかけ、正社員化への道をつくる。そして中小零細企業への社会保険料の減免含め、支援策を行いながら、最低賃金1500円を訴えています。アメリカも州によっては15ドル、韓国も上げましたし、諸外国が最低賃金を上げています。日本は賃金が下がっていますからね。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top