「王将社長射殺事件」 辛坊治郎も事情聴取を受けていた

By -  公開:  更新:

辛坊治郎が10月31日(月)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。2013年に王将フードサービスの大東隆行社長が射殺された事件で「私も事情聴取を受けた」と明かした。

「餃子の王将」創業の地、京都・四条大宮にリニューアルオープンした店舗で、自らギョーザを焼き上げる王将フードサービスの大東隆行社長 =2009年09月24日、京都市中京区 写真提供:産経新聞社

『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』月~木曜日 15時30分~17時30分 生放送

2013年、「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの社長だった大東隆行さんが射殺された事件で、京都府警は28日、特定危険指定暴力団工藤会系組幹部・田中幸雄容疑者(別事件で福岡刑務所に服役中)を逮捕した。

実に9年かかったこの“未解決事件”の逮捕劇に、辛坊は「実はね、私、この事件に関して京都府警の刑事ふたりに任意の事情聴取を受けたことがあるんですよ」と驚きの事実を明かした。

辛坊によると、ある日突然「ちょっと話を聴かせてくれ」と京都府警の刑事がふたりで訪ねてきたという。どうやら、この事件に関して辛坊がテレビ番組で解説めいたことを話したところ、それを聞いていた京都府警の刑事が「辛坊が今回しゃべったことの中に、公表されていない事実が含まれている」と辛坊のもとを訪ねてきたとのこと。

辛坊は「私、そんな意識、全然ないんですよ。この事件はこういう話だろうというストーリーをしゃべっただけなのに『もしかしたら、事件のことを何か知っているのかもしれない』」と刑事が訪ねてきたことに、「それぐらい(捜査が)暗礁に乗り上げていたということ」と振り返った。

また、この事件に関しては、かなり初期の段階から、現場に落ちていたたばこの吸殻のDNA鑑定により、今回逮捕された暴力団組員が名指しされていたことや、事業拡大に伴うなかで関係した人物との間に200億円を超える不明瞭な金の流れがあったことも指摘されていたと言及。

それにも関わらず、逮捕に9年の月日がかかったことに辛坊は「もっと早く逮捕されていてもおかしくなかった事件なのに、ここまで時間がかかったことにものすごい深い闇みたいなものを私は感じています」と語気を強めた。

■番組タイトル:ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』
■放送日時:毎週 月~木曜日 15時30分~17時30分 生放送
■パーソナリティ:辛坊治郎
■アシスタント:増山さやかアナウンサー(月~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)
■Twitter:@zoom1242
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/

◆radikoタイムフリーリンク
https://radiko.jp/#!/ts/LFR/20221031153000

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top