航空自衛隊から航空“宇宙”自衛隊へ名称変更 「日本人の宇宙防衛意識低い」辛坊治郎が警鐘

By -  公開:  更新:

辛坊治郎が12月8日(木)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。航空自衛隊の名称が「航空宇宙自衛隊」に変更されるニュースに触れ、日本における日常生活や防衛の根幹は宇宙空間にあると言及。そのうえで「日本人の宇宙防衛意識は低い」と警鐘を鳴らした。

※イメージ

『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』月~木曜日 15時30分~17時30分 生放送

政府は7日、航空自衛隊の名称を「航空宇宙自衛隊」に変更する方針を固めた。名称が変わるのは1954年の発足以来はじめてで、月内に改定する国家安全保障関連3文書にも盛り込まれる。

このニュースについて辛坊は、まず「宇宙」の定義について解説。一般的な概念としては、上空100km以上だとした。日本とアメリカ本土の距離が「ざっと10,000km」で、これに比べると地球全体の大きさからみれば「薄皮1枚出ると、もう宇宙」と独特な表現で説明した。

今年に入り何度も発射された北朝鮮の弾道ミサイルの高度は3000km以上にも及ぶ。辛坊は「こういうものに対処するために、大気圏内だけの軍事力、軍備、防衛力ではどうにもならない」と、各国が宇宙空間における軍事力強化を急いでいる背景を述べた。

そのうえで、車のカーナビや船舶の位置情報など日本人の生活にも欠かせない、アメリカが軍事用に打ち上げているGPS衛星について触れ「その人工衛星ひとつひとつに防衛能力はない。アメリカのトマホークなどの誘導ミサイルも、基本的にGPSの誘導でピンポイントで飛んでいく。例えば中国が、戦争を始めますという直前にアメリカのGPS衛星を一斉に撃ち落とすとミサイルも飛んでいかないし、自分の位置もわからないし……ということが起こり得る」と言及。

「やはり宇宙の防衛、本気で考えないと。いま根幹のところを宇宙空間に頼っているんだという意識が、日本人にものすごく薄い」と警鐘を鳴らし、今回の名称変更で少しは改善されるのではないかと語った。

■番組タイトル:ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』
■放送日時:毎週 月~木曜日 15時30分~17時30分 生放送
■パーソナリティ:辛坊治郎
■アシスタント:増山さやかアナウンサー(月~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)
■Twitter:@zoom1242
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/

◆radikoタイムフリーリンク
https://radiko.jp/#!/ts/LFR/20221208153000

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top