伝説の原点はここに! 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第117回】

By -  公開:  更新:

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を掘り起こします。

『エピソード4』へと続く「スター・ウォーズ」の原点とは…。

01(w680)

2016年の映画界(正確に言うと、“2016年お正月興行”と銘打たれた2015年12月公開作品も含む)を振り返ると、今年は「スター・ウォーズ」と共に幕を開けた…という印象が強くあります。
ウォルト・ディズニー・カンパニーがルーカスフィルムを買収後に製作した初の「スター・ウォーズ」シリーズである『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が日本で公開されたのは、2015年12月18日。

公開初日には、10年ぶりとなる人気映画シリーズの封切りを待ちわびていた多くのファンが集結。
思い思いのコスプレ衣装に身を包んだファンも多く、お祭り騒ぎとなりました。

あれから1年、新たなるスター・ウォーズ・プロジェクトの幕が開きます。
それが『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。
ジョージ・ルーカスのアイデアから誕生した、初めて登場するキャラクターたちによる、新たな世界の物語です。

02(w680)

銀河全体を脅かす帝国軍の究極の兵器<デス・スター>。
その設計図を奪うための極秘反乱軍<ローグ・ワン>に加わった女戦士ジンは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。
その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明になっている彼女の父に隠されていた。

『エピソード4』の冒頭で、レイア姫がR2-D2に託した<デス・スター>の設計図はいかにして入手されたのか。
そして、<ローグ・ワン>たちの運命は…。

03(w680)

監督は『GODZILLA ゴジラ』で圧倒的スケールでハリウッド版ゴジラをリブートさせた、ギャレス・エドワーズ。
キャストは、ヒロインのジンを演じるフェリシティ・ジョーンズを筆頭に、ディエゴ・ルナ、ドニー・イェン、チアン・ウェン、フォレスト・ウィテカーなど、国際色豊かな豪華俳優たちが競演。

04(w680)

中でも異彩を放つのが、ドニー・イェン、チアン・ウェンが演じる、盲目の戦士チアルートと赤い甲冑を身にまとうベイズのコンビ。
ビジュアルから想像するに、これって座頭市とサムライ???
「スター・ウォーズ」シリーズは元々、黒澤明監督の映画からインスパイアされた…というのは有名な話。
…とすると、黒澤作品へのリスペクトから生まれたキャラクターなのでしょうか、気になります。

そして気になると言えば、やはりダース・ベイダー。
シリーズの中でも一際高い人気を誇るキャラクターが、どこでどんな風に登場するか…。
このワクワク感は映画館で目撃する瞬間まで取っておきたいっ!

05(w680)

本作は、スカイウォーカー家の物語を描く「スター・ウォーズ」シリーズとは異なり、新たなキャラクターたちによる独立したストーリー。
しかしシリーズの原点である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描いているということで、シリーズ作品と深いところでリンクしています。

ここで改めて、考えてみて下さい。
そもそもレイア姫は、そして反乱軍は、いかにして<デス・スター>という超極秘情報を入手することが出来たのでしょうか…。
この謎が解き明かされてこそ、初めて「スター・ウォーズ」シリーズの原点に立ち戻れるといういうもの。
そう、もしも本作の続編があるとするならば、それはシリーズ生みの親であるジョージ・ルーカス監督がメガホンを取った『エピソード4/新たなる希望』。

宇宙と映画製作。「スター・ウォーズ」シリーズの時間軸の使い方には、時代を経ても変わらないロマンを感じます。

06(w680)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
2016年12月16日から全国ロードショー
監督:ギャレス・エドワーズ
出演:フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェン、チアン・ウェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、アラン・テュディック ほか
©2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
公式サイト http://starwars.disney.co.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Page top