下角陽子さんに聴く!名古屋場所の見所【ひでたけのやじうま好奇心】

By -  公開:  更新:

7月9日からは名古屋場所が始まりますが、けさは、両国国技館の館内放送「どすこいFM」で、2003年の夏場所から女性初のキャスターを務めている相撲ジャーナリストの下角陽子さんにお越しいただきました。

名古屋場所って、暑いんですよね。

下角)エアコンがあまり効いていないので、確かに暑いです。

愛知県体育館は、どこにあるんですか?

下角)名古屋城の目の前にあるんです。

名古屋場所ならではという事って、何かあるんですか?

下角)名古屋場所だけ違うことの1つが、力士達が出番まで控えている支度部屋。
普通は東と西というふうに、対局の場所に別々に設置されているんですが、名古屋場所の支度部屋は一つの部屋を壁1枚で隔てられているだけなんです。だから入り口が一緒で、中で東西に別れています。

そのため、支度部屋を出て、左右にわかれて土俵入りや取り組みの花道に向かうんですが、間違ってしまう事もあります。
元小結の普天王関は、現役時代、東西を間違えてしまったけれど、もう戻る時間がなくて、仕方なく間違ったまま土俵にあがったのに、放送係の行司さんが機転をきかしてくれて、ことなきを得たとか。誰にも気がつかれなかったそうで、親方になってから教えてもらいました。

取り組みの時も入り口で鉢合わせ、もしくは勝負終わって、すぐ出たところがすぐ駐車場なんですが、自分たちの車が来るまで、そこで、お互いがイヤミをいったりする姿も見られたりするんですよ。
例えば、「今日の張り手今度お返ししますよっ」みたいな宣戦布告もあったりする。
取材する側にとっては、移動が楽。

暑さにまつわる話と言えば、床山さんも大変だそうですね?

下角)暑さで鬢付け油が溶け出してしまうから。床山さんも大変なんです。
数年前から鬢付け油が高騰。値上がりと同時に、缶に入っていたものが紙の石けん箱みたいなものに入っているんですが、それでは不便なので、それぞれ床山さんがタッパみたいなものにいれるようになって、多少風情がなくなりました。温度もかなり気をつけないとドロドロに溶け出してしまうので、夏は扱いが難しいそうです!

横綱の稀勢の里は出場OKだそうですが、大丈夫なんですか?

下角)7月4日の稽古で、同部屋の大関 高安に10戦全勝と回復傾向。ただ、それまでは心配な状況でした。
1日、名古屋市天白区の二所ノ関部屋での二所ノ関一門連合稽古で、小結・嘉風に2勝7敗と大きく負け越し。嘉風との稽古で前のめりに左手をついて、負傷箇所を痛がる場面もあり、15分足らずで稽古を切り上げました。

角界では、骨折よりねんざの方が厄介と言われています。
骨折なら休場も致し方なし。休場になるんですが、ねんざの場合は土俵に上がり続けられるのですが、どんどん患部が悪化する可能性があるんです。
ケガが完治していない稀勢の里はそれと似た状況なのかもしれません。

新大関の高安は何か情報がありますか?

下角)今場所から締め込みを新調するらしい!
1年以上前から水色を愛用していたが「色はお楽しみということで。こういう時(新大関場所)でなければ選べない色」と話しています。
考えられるのは・・・大関しか使えない色・・・紫?
化粧まわしの馬簾(ばれん)の色、大関以上しか紫はつかえない。シルバー?(角界のNO.2だから)
けさは、相撲ジャーナリストの下角陽子さんにお話をうかがいました。
以上、やじうま好奇心でした。

◆下角陽子さんの最新刊が7月28日に発売されます。
「大相撲」知ったら面白すぎる70の話(三笠書房)

「大相撲」知ったら面白すぎる70の話 (王様文庫) 下角 陽子( Amazonより)

《プロフィール》下角陽子(しもかど・ようこ)
両国国技館「どすこいFM」キャスター。相撲ジャーナリスト。
兵庫県神戸市出身。学習院大学文学部卒業後、ニッポン放送(編成局制作部アナウンサー)入社 。1998年退社後、フリーアナウンサーに。
2003年より、大相撲東京場所中に両国国技館の館内だけで聴けるミニ・エフエム局ラジオ「どすこいFM」にて、女性初のキャスターをつとめる。解説ゲストの親方たちとくり広げられる、力士たちの素顔がよくわかる実況が大好評。その模様の一部は月刊『相撲』(ベースボール・マガジン社)で「『どすこいFM』こぼれ話」として連載されている。
また、相撲関連をはじめとする各種イベントの司会やトークショーなどのコーディネータとしても、幅広く活躍中。
共著に、『大相撲年鑑』(共同通信社)がある。

7月7日(金) 高嶋ひでたけのあさラジ!三菱電機プレゼンツ・ひでたけのやじうま好奇心」より

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00


Page top