瀬戸内寂聴 今ある深い悲しみも時が忘れさせてくれます

By -  公開:  更新:

【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第449回

残された人の悲しみは「日にち薬」といって時が忘れさせてくれるのを待つしかありません。どうぞ亡くなった人の後を追うなどと考えないで、絶望の中にも明日の光を信じて、強く生きていって下さい。

瀬戸内寂聴

撮影:斉藤ユーリ

Page top