瀬戸内寂聴『源氏物語』の舞台となった京都・雲林院とは?

By -  公開:  更新:

【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」】第474回

『源氏物語』の舞台になった京都・雲林院(うりんいん)は、門をくぐると通りの喧騒が嘘のように静まります。光源氏も雲林院に籠もって経典を読むなどして心を鎮(しず)めたと記されています。

瀬戸内寂聴

撮影:斉藤ユーリ


Page top