憲法改正は「国のあり方」と「権力を縛る」で議論すべき

By -  公開:  更新:

5/3 FM93 AM1242ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』今日の聴きどころ!②

新聞各紙~改憲に関する世論調査の結果は?
7:43~ココだけニュース スクープUP!:コメンテーター鈴木哲夫(ジャーナリスト)

各新聞の調査結果を総合して考えると「憲法改正は議論すべき」の声が大きい

読売新聞が、憲法に関する全国世論調査を実施している。「憲法は改正した方がいい」が51%で、「しない方がいい」が46%。前回の2017年3~4月の調査では、「する方がいい」と「しない方がいい」が、それぞれ49%で拮抗しており、改憲賛成が反対を上回ったのは15年調査以来3年ぶりである。

鈴木)新聞、もしくは通信社により、聞き方が違うんですよ。一般の方は、新聞各紙、全部とるわけじゃないでしょう? 自分が買っている新聞の数字を見ます。だけど、各新聞を並べて見ることはスゴく大事です。たとえば朝日新聞は「憲法改正反対」が数字だけ見ると強いけど、これは「安倍政権下で憲法改正するのはどうか?」と聞いているのです。
読売新聞の場合は「憲法は改正するべきか?」です。誰の政権とかではなく、単純に「憲法改正はどう思うか?」を聞いているのです。毎日新聞では、「自民党の憲法改正案はどう思うか?」を聞いている。つまり、自民党案の賛否を聞いているのです。
共同通信では「2020年の憲法改正施行を目指してることについてどう思うか」です。時間軸での聞き方ですね。質問内容が各紙で全部違う。そうすると、数字がずいぶん違うわけです。
このコーナーではあえて並べました。その結果、トータルで、全部まとめて結論が出てくるわけです。数字の傾向を見ると、国民世論は憲法改正について見直す時期。つまり、必要な時期と感じている人が多い。「憲法改正についてしっかり議論すべきではないか」です。ただ、「いつまで」とか「○○政権」とか区切らず、しっかり議論を尽くして変えるべきではないか……これが全体を見渡した世論の結論と見ていいと思います。
だから、これを与野党含めて国会議員は、いまの世論の声として受け止め、とにかく議論を始めなければいけない。「いつまでに結論」とか、「○○党」とか、「誰の政権下で」とか、「○○年までに」とかではなく、まずはとにかく議論を始めてほしい。始まっていないので、しっかりやってほしい。こんな感じです。

「権力を縛るもの」という観点から改憲案を考えるのも理に適っている

鈴木)もう1つ言いたいのは、いま憲法改正案とか議論でいろいろ出ていますよね。9条の問題とか。
自民党の改憲派の方々に「憲法って何ですか?」と聞くと、「国のあり方を表すもの」と言うのです。だけど、もう1つ。「権力を縛る」も、憲法の役割ですよね。改憲派の人にそれを話すと、「もちろんです。国のあり方であり、権力を縛るものです」と。そうすると、「国のあり方」についての憲法改正案の議論がいまスゴく多いと思います。だけど、一方で「権力を縛るもの」でもあるわけなので、そういう視点からの改憲案や議論は、まだほとんど行われていないと思います。立憲民主党とかで「憲法改正案を出そう」という流れのなかでは、やはり「権力を縛る」という意味で改正すべきじゃないかな。極端に言うと、もっと厳しく権力を縛るように改正する、ということです。「○○をやってもいい」とは逆ベクトルでね。そんな発想もあったりするので、議論に一緒に混ぜたら、非常に興味を惹かれる議論になると思います。そういうことをスタートさせてほしい。国民世論を見ていると、そう思います。

飯田)特に憲法9条に関してはいろいろ議論になり、論考も出ていますが、元内閣法制局長官の阪田さんが言っているのは、安全保障法制の部分、「集団的自衛権を一部認める」と。「縛るという意味で言えば、それを9条に盛り込むなりして、自衛隊がどこまでできるかを憲法で規定するべきだ」というような話をしていますね。

鈴木)一理あると思います。その「縛る」観点からも、明記するということです。結局、「9条をまったく触れない。平和憲法を変える必要はない」も、1つの意見だと思います。
逆に、縛るためにあえて自衛隊を明記する。これは、実はずいぶん前に、公明党が中間的な案で、ちょっと出てきたのです。「自衛隊は明記するけど、○○な状況に限る」とセットにするとかね。そういう案もあります。この辺も議論のポイントになると思います。

国民は憲法改正についての議論を始めて欲しいと考えている

飯田)希望の党幹部に「上記のような案もあるよ」と聞くと、「そういうのなら、乗れるかも」と。希望の党はゴリゴリの保守ではない人も多いので、その人野中では、ある程度乗れる部分もあるのかな?

鈴木)変な話だけど、希望の党内にも、立憲民主党内にも、自民党内にも、いろいろな意見があるわけで……僕が思ったのは、「保守」とか、そういう概念そのものも、変わってきていますからね。だから、もう少し平場で、「国のあり方」プラス「権力を縛る」の2大テーマから、それぞれの改憲をぶつけ合うような……そういう議論、スタートしないだけで、できると思うんですよ。

飯田)おのおの、温めているのかもしれませんが、国民としては表に出ないと分からないし、判断のしようがないですからね。

鈴木)最後は国民投票ですから。早く国民の前で議論して、という話です。まあ、今日の各紙世論調査を全部調べると、やはり「改正について議論すべき」という国民世論が多いんじゃないかな。ただ、時期とか政権とか、そういうのは絡めないでね。

 

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top