古代日本のロマン 邪馬台国と卑弥呼の墓はどこ?

By -  公開:  更新:

古代日本のロマン 邪馬台国と卑弥呼の墓はどこ?

日本人なら誰もが知っている卑弥呼。教科書で読んだけどどんな人か忘れちゃったという方のためにおさらいしますね。はるか昔、弥生時代の日本にあった邪馬台国という国の女王です。その頃の日本にはまだ文字がなく、中国の『魏志倭人伝』という文献にしか存在が記されておらず、謎が多い人物です。彼女は神のお告げを聞いて国を統治していたといわれています。どうして中国に記録が残っているかといいますと、卑弥呼は魏(中国)に遣いを送って金印や銅鏡、そして「親魏倭王」という肩書きをもらいました。これで大国の中国が卑弥呼を日本の王として認めたということになりました。

さて、その卑弥呼が治めた邪馬台国がどこにあるのか? それは江戸時代から“邪馬台国論争”として語られています。ヤマタイがヤマト(大和)に似ているから奈良県じゃないか? 魏志倭人伝の記述を紐解けば九州じゃないか? と、主に畿内説と九州説に分かれていますが、四国や関東、はたまたムー大陸という一夜にして消えた伝説の大陸ではないのかという説まで飛び出します。

卑弥呼の墓があればそこは邪馬台国……謎が多いがゆえに焚き付けられるロマン。その時代、偉い人のお墓は古墳です。その中でも最もランクが高いのは前方後円墳。なんと、大阪にある前方後円墳のひとつ、仁徳天皇陵古墳の面積はクフ王のピラミッドよりも大きいのです。

今年の3月下旬、卑弥呼の墓が見つかったかもしれないというニュースが話題になりました。福岡の赤村にある丘陵が先の仁徳天皇陵古墳級の大きさで、そのような期待がされました。高まる期待とは裏腹に発掘調査の目処は立っておらず、謎は謎のままです。

福岡が話題になり九州に軍配が上がりそうでしたが、畿内にももちろん卑弥呼の墓の候補はあります。奈良県桜井市の纒向(まきむくい)遺跡は邪馬台国の中心地だったんじゃないか、その中にある箸墓(はしはか)古墳は卑弥呼の墓なんじゃないかといわれています。邪馬台国がやがて大和王朝になったのかもしれないという説です。

一方、九州説は邪馬台国と大和王朝は別々だったんじゃないかという考えです。福岡県の平原(ひらばる)遺跡、佐賀県の吉野ヶ里遺跡、宮崎県の西都原(さいとばる)古墳群、大分県の宇佐神宮が候補地です。

いったい真実はどこの土の中に眠っているのか――私たちが「ひみこ」と呼んでいる卑弥呼、実はその読み方も現代の日本語をあてていますが、当時どのように発音されていたのかは不明なまま。謎が謎を呼ぶ、私たちの国、日本の大昔の女王、卑弥呼。その謎が解ける日が待ち遠しいですね。

 

古墳 はとバス 日帰り ツアー 千葉県

古墳大好き♪まりこふんと行く!はじめての古墳 ~千葉県編~|はとバスHPより

さて今日は、千葉県内の古墳を巡るバスツアーのご紹介です。その名も“はとバスツアー”『古墳大好き まりこふんと行く! 初めての古墳・千葉県編』

房総半島の中央部、長柄町の『史跡長柄横穴群』をはじめ、千葉県内の、芝山古墳群・はにわ博物館や房総のむら龍角寺古墳群・岩屋古墳などを巡る日帰りバスツアー特別企画です。

横穴墓は、古墳時代の終わりごろに造られた死者を埋葬するお墓で、長柄町には、300基以上あることが確認されています。墓の内部は、横がおよそ4m奥行きはおよそ3mで死者を安置する「玄室」と呼ばれる部屋が設けられており、玄室と外部を結ぶ通路「羨道」との間に高い段差をもつ「高檀式」と言われるこの地域に限って存在する非常に珍しい形だそうです。

ツアーの詳細は、「はとバス日帰り特別企画」でご検索いただくかホームページをご覧ください。

古墳大好き♪まりこふんと行く!はじめての古墳 ~千葉県編~
設定日:2018年4月14日・25日、5月16日・26日、6月9日・24日
代金:大人 9,980円~ 10,480円
小人代金:一律800円引き
・小人代金は6歳以上12歳未満です。
・無料でご参加の幼児のお子さまは、当日現地にて別途料金がかかる場合があります。
・旅行代金は税込価格です。
https://www.hatobus.co.jp/app/search/course_detail/index?c_code=H867B&s_date=20180206

【ハロー千葉】

Page top