知っておきたい「アイスクリーム頭痛」にならない秘訣

By -  公開:  更新:


アイスクリームやかき氷を食べた時、頭がキーンと痛くなったことありませんか?
あの痛みですが、医学的な名前がちゃんとありまして、『アイスクリーム頭痛』といいます。

この『アイスクリーム頭痛』が起こるメカニズムですが、諸説ある中、主に2つの説が有力とされています。
1つめの説として、喉には顔面の感覚を支配する神経『三叉(さんさ)神経』というのがあります。冷たいモノが喉を通過したとき、この三叉神経が刺激されますが、そのとき“冷たさ”を“痛み”と勘違いして脳に伝えてしまうことで頭痛が起こる・・・という説です。

もう1つの説ですが、冷たいモノを食べると、クチの中や喉が急激に冷やされます。
すると体温が下がるのを防ごうとして、一時的に血液が流れる量を増やそうとしますが、そのとき、頭に繋がる血管が広がることで頭痛が起きる・・・という説です。

現在は、この2つのメカニズムが原因となって『アイスクリーム頭痛』が起きると考えられているそうです。痛みの強さですが、個人差によって違うそうです。

この『アイスクリーム頭痛』の予防法ですが、『ゆっくり時間をかけて食べること』だそうです。
ゆっくり時間をかけて食べることで、喉が冷えるスピードが抑えられて、神経の刺激や血管の膨張が緩やかになります。それによって『アイスクリーム頭痛』が起きにくくなるそうです。
研究の結果でも、アイスクリームを急いで食べたときはゆっくり食べたときよりも2倍以上、頭痛の発生する確率が高いことが分かっています。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top