2025年の大阪・関西万博は“問題解決型万博”

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(9月15日放送)に、関西経済連合会会長の松本正義が出演。「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」のコンセプトについて語った。

淵澤由樹(アシスタント):前回の放送に引き続き、6年後に開催される2025年日本国際博覧会、「大阪・関西万博」についてお伺いします。

松本:今回の万博を誘致したコンセプトは、国連が決めた「SDGs(持続可能な開発目標)」です。貧困の解決や環境問題、教育問題など17の目標があります。これをどのようにしてテーマと組み合わせて行くか、いまは識者を集めて考えています。

自見はなこ:ぜひお願いがあるのですが、私達の国はアジア、もしくは世界でもいちばん先に少子高齢化が進む国です。そのなかで地域の医療提供体制、地域包括ケアや多職種連携など、いろいろなことに複合的に支えられて健康寿命が延びています。そういった、日本がどうやって少子高齢化を乗り切ろうとしているかがわかるような、健康寿命のパビリオン。ひいては子供たちの未来を考えたパビリオンができたらいいなと思うのですが。

松本:テーマ別にパビリオンができたらいいですよね。これらのテーマは世界的な問題です。今回の万博は技術が素晴らしいというだけではなく、世界が共通で抱えている問題を、いかに解決して行くかというワールドワイドな「問題解決型万博」なのです。テーマ別に各国がアイデアを出して、それぞれの国で問題意識を持っている学者さんたちが集まる。

自見:素晴らしいですね。ただ「遊びに行こう!」ではなく、学びを深める「教育の国際修学旅行」のように活用できたらいいですよね。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top