経団連名誉会長・榊原定征「自然のなかで共に経験する子育ての場を作る」

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(10月27日放送)に、元東レ株式会社社長で日本経済団体連合会名誉会長・2025年国際博覧会担当大使の榊原定征が出演。子育てについて語った。

自見はなこ:2025年に開催される大阪・関西万博は、日本経済にどのような影響を与えますか?

榊原:いろいろな試算がありまして、開催6ヵ月の期間で、来場者数の予測は2800万人。前回の大阪万博は6000万人を超えました。今回は若干、控えめな予測をしています。最近はインバウンドも増えていますので、もっと増えるのではないかという予測も出ています。経済効果だけでも2兆円。それに加えて、若い人の将来の夢や希望を育むというマインド面での効果も、より高く評価したいと思っています。

自見:期待をしております。また、この番組を聞いている「子育て中のママやパパ」に、メッセージをお願いします。

榊原:私も女の子が3人おりまして、そういった意味では子育てを経験したのですが、典型的な仕事人間でした。家庭の仕事は家内に任せっきりで、子供の学芸会や授業参観などには、1度も行ったことがありませんでした。時代的なこともあって、月曜から金曜、ウイークデーは会社のためにあると。ただし土日は私の時間、家族の時間だということで極力、土日の仕事は避けることを心がけて来ました。

いまの子供は、我々が子供のときのように外で遊んだり、なかなか自然に親しむということができず、かと言って1人で遊んで来いというわけにも行きません。親ができるだけ子供を外に連れて行き、自然のなかで共にさまざまなことを経験する。可能な限りそういった場を作るように心がけて来ました。

自見:愛情と勇気をいただくメッセージですね。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top