経団連名誉会長・榊原定征 発明に興味を持ったきっかけとは?

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(10月6日放送)に、東レ元社長で日本経済団体連合会名誉会長・2025年国際博覧会担当大使の榊原定征が出演。発明に興味を持ったきっかけについて語った。

自見はなこ:子供のころ、なりたかった職業をお聞かせください。

榊原:私が子供のころは昭和30年、戦後で言うと10年経ち、日本の経済復興が始まるときでした。私が育った愛知県美浜町は伊勢湾に面しており、家の前から海を見ていると、四日市工場地帯や中京工業地帯の煙がモクモクと出ていました。それが戦後の経済復興の象徴のような存在でした。私も日本経済に貢献したい、エンジニアになって工場で働きたいと思っていました。

自見:そして高校時代、とある科学雑誌に出会ったそうですね。

榊原:高校2年生くらいのときに雑誌をパラパラと見ていたら、囲み記事がありました。日本のいち研究者が、「炭素繊維をつくる原理」という世界的な発明をしたと。それは将来、「飛行機の材料に使われるかもしれない」という記事で、いつか私もそのような発明をしたいと思いました。そして就職をするときに、たまたま「東レ」という会社が炭素繊維の開発に力を入れているという情報があって、「東レ」に入りました。

自見:いまはその炭素繊維で飛行機が飛んでいますから、まさに夢が実現したのですね。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top