アドベンチャーワールドで、キングペンギンの赤ちゃん誕生 2年連続で人工授精に成功

By -  公開:  更新:

アドベンチャーワールドが、2年連続でキングペンギンの人工授精に成功した。

4月12日撮影:母親と育ての父親と過ごす赤ちゃん

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は近畿大学生物理工学部(和歌山県和歌山市)および先端技術総合研究所(和歌山県海南市)との共同研究において、 昨年に続き2年連続でキングペンギンの人工授精に成功した。2021年2月6日に誕生した赤ちゃんはDNA鑑定の結果、精子を提供したオスの遺伝子を持つことがわった。今回の成功は国内3例目(3羽目)となる 。現在赤ちゃんは母親と育ての父親とともにペンギン王国で元気に過ごしている。

国内1例目は2018年の鴨川シーワールドで、 2例目(2020年)と今回がアドベンチャーワールド。アドベンチャーワールドでは、キングペンギンの人工授精の成功の実績を活かし、今後はエンペラーペンギンをはじめ、様々なペンギン種の人工授精にチャレンジ予定とのこと。

〈人工授精成功までの流れ〉
1.キングペンギンのオスから採取した精子を、 2020年11月29日~12月7日の期間にメスに計5回注入
2.メスは2020年12月15日に産卵し、 その後2021年2月6日に誕生
3.2月27日、DNA鑑定結果から採精したオスの子と判明
4.人工授精中、精子提供オスとメスは同室内にて過ごすが、監視カメラから交尾の様子は確認されず、 人工授精による誕生と確定

【人工授精により誕生した キングペンギンの赤ちゃんについて】
■出 生 日 :2021年2月6日(土)
■孵化日数:54日
■性  別:オス
■出生体重:215g 現在は9,492g(4月15日測定)
■公開場所:ペンギン王国2階
■母親    :2002年2月10日 アドベンチャーワールド生まれ(ペンギン王国で飼育)
■精子提供オス:2009年2月 3日 アドベンチャーワールド生まれ(ペンギン王国で飼育)

~赤ちゃんの様子~
3月24日には体重が5kgを超え、親からの吐き戻しだけではなく、魚を食べるようになった。現在は、保温性が優れており、周りの環境に馴染みやすく天敵に狙われにくくする保護色の意味合いのある茶色の羽根に覆われている。この後生後約6ヶ月で大人の羽根に生え変わり、自力で泳ぐことができるようになる。

※今回の人工授精は精子を凍結せず使用。

【人工授精をする目的】
自然繁殖のみでは、特定の遺伝子に偏るなどの問題があるため、遺伝的多様性を保つためには人工授精の技術も必要となる。今後も、自然繁殖と人工授精の併用を進めていき、種の保存への貢献につなげる。

ペンギン飼育スタッフ 佐藤翔太

<今後の展望>

ペンギンの人工授精を始めた頃は、 まだ未知の領域でした。

ここ5~6年で徐々に様々な水族館が人工授精にチャレンジし、 成功例が出始め、 アドベンチャーワールドでも昨年、 今年と2年連続成功することができました。 この人工授精の成功実績から研究で明らかになることが増え、 その内容を沢山の方々が動物のために活用し、 最終的に様々な動物の幸せ、 日本国内のペンギン、 野生のペンギンの幸せに繋がると考えています。
今後はより手法を確立していくとともに、 凍結精子を用いた人工授精や、 エンペラーペンギンを含む他種での技術確立にチャレンジしていき、 未来のSmileに繋がるように取り組みます。
ペンギン飼育スタッフ 佐藤翔太

 


Page top