『るろうに剣心 最終章 The Final』『アーヤと魔女』佐藤健“剣心”の集大成!&スタジオジブリ最新作

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第991回】

画像を見る(全14枚) 『るろうに剣心 最終章 The Final』

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、4月23日公開の『るろうに剣心 最終章 The Final』と、4月29日公開の『アーヤと魔女』をご紹介します。

(左)『るろうに剣心 最終章 The Final』/(右)『アーヤと魔女』

映画館で観たい!『るろうに剣心 最終章 The Final』~公開延期を乗り越え、ついにスクリーンにお目見え!

これまで実写映画化された『るろうに剣心』『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』の3作品で、シリーズ累計興行収入125億円以上を突破。

度肝を抜くような超高速アクション、そしてエモーショナルに描かれる人間ドラマは、世界各国で大きな反響を呼び、話題となりました。

そんな人気シリーズが、2021年、ついに完結。『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の全2部作で構成される本作では、原作の最終章にあたる<人誅編>をベースに、これまで語られることのなかった剣心の過去が明らかになります。

『るろうに剣心 最終章 The Final』

『るろうに剣心 最終章 The Final』のあらすじ

かつては“人斬り抜刀斎"として恐れられ、激動の幕末を刀一本で戦い抜いた男、緋村剣心。新時代を迎え、いまでは“逆刃刀”と呼ばれる斬れない刀を持ち、仲間たちと穏やかな生活を送っていた。

しかしある日、何者かによって東京が攻撃される。大切な人々が次々と襲われ、憔悴しきった剣心の前に現れたのは、上海マフィアの頭目・雪代縁。

やがて剣心の“十字傷の謎”を知る最強最悪の敵との対決に、剣心は身を投じて行くが……。

『るろうに剣心 最終章 The Final』

『るろうに剣心 最終章 The Final』のみどころ

これまでシリーズを彩って来た“るろ剣”オールスターが集結し、剣心のため、そして新たな時代のために最後の戦いに挑む本作。

主演の佐藤健をはじめ、武井咲、青木崇高、蒼井優、土屋太鳳、江口洋介など、おなじみの顔ぶれが続投。さらに新田真剣佑、有村架純が新キャストとして加わり、作品を盛り上げます。

なかでも、緋村剣心役・佐藤健と雪代縁役・新田真剣佑によるアクションシーンは、シリーズ史上最高の完成度。殺陣の美しさ、力強さは言わずもがな。その延長線上にある2人の関係性や感情がアクションを通じて伝わって来る。その表現力の豊かさに、目が釘付けになりますよ。

『るろうに剣心 最終章 The Final』

“人斬り抜刀斎”として人を殺めた罪を背負い、流浪人として生きて来た剣心。そんな彼が人と人との縁を結びながら歩んで来た道を、頭の片隅に置きながら本作を観ると、ドラマパートの秀逸さも再認識することができます。

そして本作を観てしまうと、“終わり”から“始まり”へと続く『るろうに剣心 最終章 The Beginning』を観ずにはいられない! 結末は是非、スクリーンで体感して。

『アーヤと魔女』

コチラも映画館で観たい!『アーヤと魔女』~ジブリ作品に、異色のヒロインが誕生!

何でも思い通りになる“子どもの家”で、何不自由なく暮らしていた10歳の少女、アーヤ。ある日、彼女はベラ・ヤーガと名乗る女性とマンドレークという長身男に引き取られることになる。

実は、ベラ・ヤーガは魔女で、手伝いが欲しかったからアーヤを引き取ったと言う。そこでアーヤは、魔法を教えてもらうことを条件に、ベラ・ヤーガの助手として働き出すが……。

スタジオジブリ初のフル3DCG作品となる『アーヤと魔女』。「ハウルの動く城」の原作でも知られるダイアナ・ウィン・ジョーンズの同名児童文学の映像化を宮﨑駿氏が企画し、宮崎吾朗監督が完成させました。

したたかで、ずる賢い。でも、決して周囲の人を不幸にはしない。ヒロイン・アーヤが困難のなかでも力強く生き抜く姿は、きっと日本中に元気と希望を与えてくれる!

『るろうに剣心 最終章 The Final』

『るろうに剣心 最終章 The Final』

2021年4月23日(金)全国ロードショー
出演:佐藤健、武井咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井優、伊勢谷友介、土屋太鳳、三浦涼介、音尾琢真、鶴見辰吾、中原丈雄、北村一輝、有村架純、江口洋介

原作:和月伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督/脚本:大友啓史
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK “Renegades”

エグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦
プロデューサー:福島聡司
撮影監督:石坂拓郎
アクション監督:谷垣健治
照明:平野勝利
美術:橋本創
装飾:渡辺大智
録音:湯脇房雄
編集:今井 剛
キャラクターデザイン/衣装デザイン:澤田石和寛
VFXアドバイザー:小坂一順
製作:映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
制作プロダクション・配給:ワーナー・ブラザース映画
英題:RUROUNI KENSHIN:Last Chapter - The Final
(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
公式サイト https://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin2020/

『アーヤと魔女』

『アーヤと魔女』

近日公開
※2021年4月29日から全国公開の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑みまして、公開が延期となりました。今後の公開予定につきましては、決定次第、速やかに東宝ホームページにてお知らせいたします。
(東宝ホームページ https://www.toho.co.jp/

声の出演:寺島しのぶ、豊川悦司、濱田岳、平澤宏々路、シェリナ・ムナフ

企画:宮﨑駿
原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「アーヤと魔女」(田中薫子:訳/佐竹美保:絵/徳間書店 刊)
脚本:丹羽圭子、郡司絵美
キャラクター・舞台設定原案:佐竹美保
音楽:武部聡志
主題歌:「Don’t disturb me」
エンディングテーマ:「あたしの世界征服」
作詞:宮崎吾朗
作曲:武部聡志
歌唱:シェリナ・ムナフ
ギター:亀本寛貴(GLIM SPANKY)
ベース:高野清宗(Mrs. GREEN APPLE)
ドラム:シシド・カフカ
キーボード:武部聡志
(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

キャラクターデザイン:近藤勝也
CG演出:中村幸憲
アニメーション演出:タン セリ
背景:武内裕季
音響演出・整音:笠松広司
アフレコ演出:木村絵理子

アニメーション制作:スタジオジブリ、星野康二、中島清文
制作統括:吉國勲、土橋圭介
プロデューサー:鈴木敏夫
監督:宮崎吾朗

配給:東宝
英題:Earwig and the Witch
(C)2020 NHK, NEP, Studio Ghibli
公式サイト https://www.aya-and-the-witch.jp/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/


Page top