「内部に空洞のあるスイカ」は何が原因でできるの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。7月9日放送分のテーマは「スイカの豆知識」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

スイカの皮は緑色ですが、これは光合成を行う色素・クロロフィルからできています。1984年(昭和59年)から生産が始まった北海道・当麻町の「でんすけすいか」のように、皮が黒っぽいスイカもあります。

スイカの果肉の色も、赤だけでなく黄色やオレンジなどがあります。こうした色の違いは、スイカに含まれる色素の違いによるものです。例えば果肉が赤色系のスイカは、リコピンが関係しています。

果肉が黄色いスイカの場合、リコピンは含まれていません。その代わり、キサントフィルという色素によって果肉が黄色くなります。果肉がオレンジ系のスイカはリコピン、β-カロテン、キサントフィルなどが関係しています。

スイカを切ると、なかが空洞になっていることがあります。これは「空洞果」と呼ばれており、スイカの皮の成長に比べて、果肉の成長が追いついていない場合に見られる現象です。空洞果はスイカだけでなく、トマトにも起こります。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top