“無観客”でも実施の五輪交通規制&首都高1000円アップ その目的とは

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月19日放送)にジャとーナリストの須田慎一郎が出演。7月19日から導入される「ロードプライシング」について解説した。

東京五輪、パラリンピック大会の交通規制開始に伴って設置された路面標示=2021年7月18日午前、東京都江東区 写真提供:産経新聞社

首都高「ロードプライシング」スタート

オリンピック・パラリンピック期間中の交通量抑制のため、都内の首都高料金を時間帯によって変動させる「ロードプライシング」が導入。自家用の普通車や軽自動車、二輪車で午前6時〜午後10時に料金を千円上乗せする。夜間(午前0〜4時)はETC車のみ5割引きとする。

飯田)7月19日から、午前6時~夜10時までは、首都高で千円上乗せするという「ロードプライシング」が始まりました。

須田)無観客で、海外からもほとんど人が来ないので、必要があったのかどうかと不満を持っている人が多いと思います。新しい仕組みとして「ロードプライシング」が出て来ましたが、これが有効なのかどうかを確認しようとしているのでしょう。

飯田)諸外国では、都市部に過度に車が流入しないようにすることや、CO2の削減に効果があるのではないかというところで、ロードプライシングをやっているところもあります。

データを取るための試み

須田)今回は、データを取るという目的もあるのだと聞いています。

飯田)そうなのですね。

須田)警備体制もそうですよね。16日に地方で仕事があったので、羽田空港を利用しました。羽田空港では、警官隊が下見及び打ち合わせをしていました。羽田空港も海外の一般の観戦客は来ないので、それほど利用客が増えることは予想されませんが、オリンピック・パラリンピックを機に、例えばテロに対しての対処などを、すべてチェックするのだろうという気がします。

飯田)なるほど。平時にいきなり警戒レベルを上げると、「何か起こったのか!」ということになってしまいますが、このタイミングであれば、いろいろと試すことができると。

全国の警察から東京へ

須田)日常風景ですよね。東京でのオリンピックですから、警視庁が行きますけれども、警官隊の背中の表示を見ていると、いろいろなところから来ているということがわかります。

飯田)私も先日、下関ナンバーの警察車両を見ました。

須田)お台場を回っていると、目立ちますよね。かなり早い段階の2~3週間前から入って来ています。

飯田)ノウハウの共有などもあるわけですよね。

須田)あとは指揮系統のチェックもあるようです。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。


Page top