“中東で一番有名な”日本人サラリーマン・鷹鳥屋明 「ドッカンドッカン」と受けたサウジアラビアでのプレゼン

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(11月18日放送)に中東きっての有名日本人サラリーマン、鷹鳥屋明が出演。サウジアラビアの生活スタイルについて語った。

鷹鳥屋明

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。11月15日(月)~11月19日(金)のゲストは中東きっての有名日本人サラリーマンである鷹鳥屋明が出演。4日目は、サウジアラビアでスピーチしたトヨタ自動車のプレゼンについて---

黒木)食生活や家族のあり方など、サウジアラビアの人たちの一般的な生活スタイルについて教えていただけますか?

鷹鳥屋)家族みんなで食事を食べるということが多く、朝・夜は絶対に家族が集まって食べますし、お昼も友だちとみんなで食べます。全体的にパーソナルスペースが近い印象を受けます。

黒木)なるほど。

鷹鳥屋)家族をとても大事にします。いまどうしているか、何をしているかと電話やメッセージの連絡が密で、友人になると、こちらの時差も考えずに頻繁に電話やメッセージが来ます。この熱苦しさがアラブの人付き合いなのです。

黒木)人と人の絆が深いのですね。それは信頼関係を築いたらということですか?

鷹鳥屋)一緒に仕事をしたり、辛い経験を乗り越えたりしたときに信頼関係が築けて密になるというのは、どこでも変わらないと思います。

黒木)鷹鳥屋さんの出されたご本のなかで、仲よしになられた王族の方がいらっしゃるとか。

鷹鳥屋)モロッコでポルシェに乗って爆走した王子は、アメリカとカナダに留学されていた方です。

黒木)お父さまも、息子さんも日本に留学されて、日本語がベラベラだったという方は?

鷹鳥屋)アブドゥル・ラティフ・ジャミールの方ですね。総帥の方は日本に留学されていました。

黒木)トヨタ自動車のプレゼンでサウジアラビアに呼ばれて、アラビア語でプレゼンなさったわけですよね。そのときにスピーチしなければいけないので、いろいろな面白いことを交えながらアラビア語でスピーチなさった。

鷹鳥屋)大変でした。

黒木)すごい決断だなと思ってしまいますけれども。

鷹鳥屋)普通の部屋でやるのかなと思っていたら、ものすごく広いホールでした。トータルでは1000人超えだったらしいのですが、会場に連れて行かれたときには、「ええ。ここでやるの?」と驚きました。

黒木)笑ってくださるようなネタをたくさんつくって来たと。

鷹鳥屋)わざと驚いてして転けて、折れた足の指の骨レントゲン写真を見せて、「アブドゥル・ラティフ・ジャミールの総帥に呼ばれてびっくりして足の骨の指が折れました」と言ったときは、会場は「ドッカンドッカ」ンとしていました。向こうからしたら「何を話しているんだ、こいつ」と面白がられたのは間違いないと思います。

黒木)笑いというのは交流の1つの手ですからね。

鷹鳥屋)笑いという点では、身体を張ったネタを好む傾向があって、一昔前、『風雲たけし城』が流行っていた時代があったのですが、ああいうわかりやすい笑いを好む傾向があるのですね。

鷹鳥屋明(たかとりや・あきら)/中東きっての有名日本人サラリーマン

■1985年・大分県出身。
■大分舞鶴高校、筑波大学卒業後、大手メーカーや商社、NGOに勤務したのち、サウジアラビアへの滞在や、バーレーン、カタール、UAE、ヨルダン、パレスチナを
めぐるなかで中東世界へ興味を持つ。中東情勢を学びながら日本と中東をつなげるべく、メディアを活用し・日本文化のアラブ向け宣伝活動を行う。
■SNSでは現在、およそ10万人のアラブ人たちからのフォローを集める。中東各国で過ごした経験から現地で行われるイベントの企画なども行う。
■外国人タレントとして、中東でCMや広告、メディアにも多数露出。
■本人もオタクであり、中東で人気のアニメや漫画に関して造詣が深く、日本のコンテンツを中東に広げるべく活動を行う。
■本業はサラリーマン。 日本のエンタメ事業企業に勤務。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top