サウナ用語「ととのう」とは、結局どういう状態を指すの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。11月30日放送分のテーマは「ととのう」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

2021年の「新語・流行語大賞」にノミネートされた言葉で、「ととのう」があります。サウナー(サウナ愛好家)の方々が使う用語で、「サウナルーム・水風呂・休憩」を1セットにし、これを3回繰り返すことで得られる、強い幸福感や満足感のことだそうです。

具体的には「心身ともに、とても気持ちがいいと感じられる状態」で、体はリラックスしているけれど眠いわけではなく、逆に意識はハッキリしているそうです。

「ととのう」という言葉が一般にも知られるようになったのは、タナカカツキさんの『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』がきっかけだそうです。2019年には、「ネプチューン」の原田泰造さん主演でドラマ化もされています。

サウナで休憩をはさみながら体を温めたり、冷やしたりを繰り返すことで「ととのう」ことができますが、個人差もあり、同じことをしてもすべての方が「ととのう」わけではないそうです。

また、100℃近いサウナルームで体を温めた直後に水風呂に入ると、血流や血圧、自律神経を強烈に刺激し、体に大きな負担がかかります。そのため高齢者や、高血圧・糖尿病の方、心臓などに持病のある方、体調がすぐれない方にはオススメできないそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top