頭痛に悩む人は5000万人 ……“頭痛列国ニッポン” 痛みを和らげるには“ハグ”!?

By -  公開:  更新:

日本初の頭痛専門クリニックを開設した丹羽潔が6月22日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。多くの人が悩む頭痛のメカニズムとその和らげ方などを解説した。

※イメージ

『垣花正 あなたとハッピー!』月曜日~木曜日 8時~11時30分生放送


この日の放送では、これまで1万人以上の患者を診た頭痛治療の第一人者、日本初の頭痛専門クリニックを開設した丹羽潔が登場。多くの人が悩む頭痛のメカニズム、和らげ方などを解説した。丹羽によると、日本は頭痛に悩む人がおよそ5000 万人、まさに“頭痛列国”と話し、頭痛による経済損失もかなり大きいのだという。そもそも、頭痛とは自律神経や三叉神経から、アミノ酸の塊のペプチド(CGRP)が出ることにより、血管が拡張して、痛みが出る症状だという。

これらの働きを抑えるのが「セロトニン」や「オキシトシン」という物質だ。「セロトニン」が分泌されることで、自律神経や三叉神経を制御して頭の痛みを抑えることができる。では、頭痛の症状が出た際、「セロトニン」を体内に入れればいいのではないか。丹羽によると、「セロトニンは体内でしか作ることができない」のだという。ただ、現在アメリカでは、セロトニンと同じく、頭痛の痛みを和らげるとされている「オキシトシン」という物質を投与して頭痛の症状を和らげる治療をしているベンチャー企業もあるのだと語った。

森永卓郎、那須恵理子、垣花正、丹羽潔

では、薬以外で「セロトニン」や「オキシトシン」を分泌させるにはどうすればいいのか。丹羽は、「オキシトシンは愛情ホルモンと言われている。そのため、抱きしめてあげるなどの愛情表現をすることで、愛情ホルモンであるオキシトシンが分泌されて、頭痛の症状を和らげることになる」と、“ハグ”の重要性について語った。他にも、仕事終わりに赤提灯で一杯や、気心知れた仲間とお茶を飲みながら語り合うことも、セロトニンの分泌につながると解説した。

■番組タイトル:ニッポン放送 『垣花正 あなたとハッピー!』
~3月28日から番組リニューアル。月~水曜日は森永卓郎が週に3曜日生出演。『森卓3DAYS』として、家庭の経済がプラスになるような話題や日々の性格に役立つ情報をたっぷり紹介、経済アナリストの森永の視点で解説していく。
■放送日:毎週月曜~木曜 午前8時~11時30分
■出演者:
<パーソナリティ>垣花正
<コメンテーター>森永卓郎 (月~水)、中瀬ゆかり(木)
<アシスタント>那須恵理子(月・水)、熊谷実帆(火・木)
■番組メールアドレス:happy@1242.com
■番組ハッシュタグ:#垣花正ハッピー

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!

Page top