同じ名字でも、読み方に「濁るもの・濁らないもの」があるのはなぜ?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。9月22日放送分のテーマは「名字の雑学」です。

※画像はイメージです

同じ名字でも、読み方が濁るもの・濁らないものがあります。

例えば「中島」という字でも、「なかじま」と「なかしま」など、読み方が異なる場合があります。これは古くから伝わる日本語の「連濁」という現象によるものだそうです。

「連濁」とは、2つの言葉が結びついて1つの言葉になったとき、後ろの言葉の読み方が濁音になることです。例として「花火=はなび」や「青空=あおぞら」などがあります。

なかには連濁にならない言葉もありますが、名字の読み方も連濁による現象が関係しているそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top