理想の恋人は殺し屋!?【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第205回】

By -  公開:  更新:

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、5月13日から公開された『バッド・バディ!私と彼の暗殺デート』を掘り起こします。


意外性がたっぷり詰まった、ラブ・アクションの決定版!

第205回-バッド・バディ!01

好きになるのはダメンズばかり…というイタイ系女子、マーサ。
二股をかけられるなど失恋ばかり繰り返す彼女の前に、理想の男が現れた!
彼の名は、フランシス。
ヒットマンでありながら人殺しが許せず、依頼人を殺してしまうような風変わりなフランシスとマーサは、急速に惹かれ合っていく。
世界中の殺し屋から命を狙われている彼と行動を共にするうちに、マーサは自分でも気付かなかったある才能に目覚めていく。
それは最強の殺し屋としての素質だった…。

第205回-バッド・バディ!02

「映画は脚本が命」とも言われますが、いま世界的に注目を集めているのが、若手脚本家のマックス・ランディス。
超能力を手に入れた普通の男子高校生を描いた『クロニクル』、コンビニのバイト君が実はCIAのエージェントだった!という『エージェント・ウルトラ』など、すでに映画にしつくされたジャンルをちょっと違った視点から描き出すことで定評があります。
そんな彼が目を付けたのが、殺し屋の世界。
失恋体質女子が伝説の殺し屋と恋に落ちることで、暗殺能力が覚醒されるという、奇想天外なストーリーです。

第205回-バッド・バディ!03

主人公のマーサを演じるのは、アナ・ケンドリック。
『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネート、『ビッチ・パーフェクト』シリーズで大ブレイクを果たし、いまノリにノッてる女優のひとりです。
本作では本格的アクションに初挑戦、ネコ耳姿でガンを撃つ姿にギャップ萌え!
一方、恋のお相手フランシス役は、サム・ロックウェル。
アクションから重厚なドラマまで幅広いジャンルの作品で魅力的な芝居をみせてくれる実力派俳優、ブラックユーモアあふれるちょっぴりクレイジーな男をチャーミングに演じています。
ほかにもティム・ロスやRZAなど、バラエティ豊かなキャスト陣が名を連ねていることにも、映画ファンならニヤニヤが止まらないハズ。

第205回-バッド・バディ!04

アクション映画と言うと、どうしても男性目線なものが多いように感じますが、本作はアナ・ケンドリックのキュートな魅力が満載のラブ・アクションムービー。
デートはもちろん、女性同士でも楽しめること請け合いですよ。

第205回-バッド・バディ!05

バッド・バディ!私と彼の暗殺デート
2017年5月13日から新宿シネマカリテほか全国ロードショー
監督:パコ・カベサス
出演: アナ・ケンドリック、サム・ロックウェル、ティム・ロス、RZA  ほか
©2016 Right Productions, LLC
公式サイト>

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Page top