段ボールについて5 ほぼ100%がリサイクル可能のエコ仕様

By -  公開:  更新:

段ボールのほぼ100%が、リサイクル可能です。
段ボールの原紙の原材料の9割以上が“使用済み段ボール”です。
つまり、新しい段ボールの主な原料は“使用済み段ボール”ということになります。
“段ボールは段ボールから生まれる”ということです。
そのためには“使用済みの段ボール”の回収が大切ですが、日本での段ボールの回収率は、95%以上にもなるそうです。

“使用済み段ボール”ですが、他のモノと一緒に混ぜてしまうとゴミになってしまいますが、キチンと分別すれば貴重な資源です。
そのため“使用済み段ボール”は自治体や、専門の回収業者さんが回収しています。

“使用済み段ボール”を回収に出される時の注意点として、段ボールに何か異物が付いていると、新たに段ボールを作る段階でトラブルの原因や、紙の原料にならないそうです。
この場合の異物とは、段ボールを閉じる時に使う粘着テープや宅配の送り状、ステープル(止め金)、金属やプラスティック、食品などです。
そのためあらかじめ取り除いてから、回収に出して頂くのが良いそうですが、取り除く際にはケガなどに注意が必要です。
そして回収しやすいように、段ボールは平たくたたんで出されるのが良いそうです。

段ボールには“世界共通のリサイクルマーク”が付いています。
リサイクル率アップのために、段ボールへの表示を推進しているそうです。

■杏樹の感想 

私も通販などで段ボールのお世話になっていますが、段ボールのことをあまりよく知らなかったので、とても勉強になりました。

特に“段ボールは段ボールから生まれる”というのは知らなかったので、“使用済み段ボール”の回収の大切さがよく分かりました。
つい折りたたんだり、細かく切ったりして捨てがちですが、ちゃんと分別する大切さが、もっともっと広まるとイイですネ。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top