ネコの伸びる皮膚には合理的な理由があった!

By -  公開:  更新:


ネコのお腹は、よく見るとタプタプしています。正確には“お腹から後ろ足の付け根にかけての部分”で、皮膚が柔らかくて、伸びたような状態になっていて、歩くと左右に揺れます。
このネコの“タプタプしたお腹のたるみ”のことを『ルーズスキン』と呼ぶそうで、ネコの体の特徴の1つだそうです。

太っているとルーズスキンになるのかな? と思われがちですが、肥満かどうかは関係ないそうです。
またネコの年齢や種類、性別に関わらず見られるものだそうです。ルーズスキンはある日突然現れるものではなくて、ネコの成長とともに、徐々にできていくそうです。
    
ルーズスキンは、ネコにとってとても大切な役割を果たしています。ネコは動きが速いですが、ルーズスキンのおかげで急激に素早く動いても、皮膚が引っ張られて突っ張ってしまうのを防いでくれます。

またネコ同士、あるいは他の動物とケンカをしたとき、噛みつかれたり引っかかれたりされても、ルーズスキンがあるとダメージを最小限に食い止めてくれるそうです。
このようにルーズスキンは、お腹を攻撃されたとき、内臓に致命傷を負わないようにしてくれる働きをしています。他にもルーズスキンがあることで、お腹を冷やさない保温効果が期待できるそうです。

このルーズスキンはネコ以外にも、ライオンやトラ、チーター、ヒョウといった『ネコ科』の動物に見られる特徴だそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top