日本初の天然ダイヤモンドは、愛媛県で発見!

By -  公開:  更新:

ダイヤモンドは紀元前4世紀頃、インドで最初に発見されて、その後、18世紀頃まで重要なダイヤモンドの産地でした。現在、約20ヵ国でダイヤモンドが採掘されているそうです。

2015年のデータによりますと、産出量が最も多かったのはロシアで、その次がアフリカのボツワナ、コンゴで、この3つの国は“世界三大ダイヤモンド産地”だそうです。それ以外ではオーストラリア、カナダ、アフリカのアンゴラ、南アフリカといった国が、ダイヤモンドの産地として知られています。
トップ7のなかにボツワナ、コンゴ、アンゴラ、南アフリカとアフリカの国が4つ入っています。

そんななかで2007年、日本で初めての天然のダイヤモンドが愛媛県・四国中央市にある四国山地の火山岩から発見されました。大きさは『1/1,000ミリ』程度だそうです。

ダイヤモンドは地下150キロよりも深い『マントル』で作られていると考えられます。地球をゆで卵に例えると、マントルは白身の部分にあたります。ちなみに、殻は『地殻』、黄身は『核』にあたります。

そのマントルで作られたダイヤモンドが、マグマの働きで地上近くまで運ばれて来ます。こうした現象は、アフリカ大陸やオーストラリア大陸といった古い地質で多く見られていますが、それらと比べると新しい地質の日本列島では見られない…と言われていたそうです。それを覆す発見となりました。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。


Page top