ミッドカット、シューレース、スリッポン…意外とあるスニーカーの種類

By -  公開:  更新:

スニーカーはたくさんの種類に分けられます。例えば『形』で分ける場合、『カット』の違いがあります。『カット』とは『足首の高さ』や、足を入れる履き口のデザインのことです。

スニーカーのカットは大きく分けると『ローカット』、『ミッドカット』、『ハイカット』の3つがあります。

『ローカット』は定番のカットで、くるぶしが見えるくらい浅くカットされています。ランニングやテニスのシューズを始め、たくさんのスポーツシューズに利用されています。

『ハイカット』は、くるぶしよりも高い位置でカットされています。バスケットボールやレスリングのシューズに多く見られるカットで、激しいスポーツから足首を守ってくれるように開発されています。

『ローカット』と『ハイカット』の中間くらいの高さが『ミッドカット』です。くるぶしが隠れるくらいの高さのカットです。

『カット』以外にも、『アッパー』でも分けられます。『アッパー』とは、スニーカーの足の甲を覆う部分です。『アッパー』を靴ひもで結ぶスニーカーのことを、『シューレーススニーカー』と言います。『シューレース(shoelace)』とは“靴紐”のことです。

靴紐を使わないスニーカーのことを『スリップオンスニーカー』、または『スリッポン』と呼びます。靴紐の代わりに、マジックテープなどを使った『面ファスナースニーカー』などもあります。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top