アンジェリーナ・ジョリー、美しきヴィランが再び降臨!

By -  公開:  更新:

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第709回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、10月18日から日米同日公開の『マレフィセント2』を掘り起こします。

「眠れる森の美女」の新たなる伝説~オーロラ姫の婚礼に隠された、恐るべき罠…

世界的な大ヒットを記録した前作『マレフィセント』から5年。邪悪な存在と恐れられながらも、愛に傷つき愛に生きる美しきヴィラン、マレフィセントがスクリーンに再降臨。

誰もが知る物語を新たな視点で描いた“究極の愛の物語”「マレフィセント」の続編が、日米同時公開となりました。

永遠の眠りから覚め、マレフィセントとの強い絆で結ばれたオーロラ姫は、愛するフィリップ王子とめでたく結婚することに。しかし婚礼の日、フィリップ王子の母イングリス王妃が仕かけた罠により、マレフィセントとオーロラ姫の絆は引き裂かれてしまう。

マレフィセントを“ゴッドマザー”と呼び慕い、真実の愛で結ばれたはずの2人の関係は、一体どうなる…?

前作で描かれたような対立関係はなくなり、平和を手に入れた人間と妖精の国に、またもや大事件が起こる本作。さらに妖しい美しさを放つアンジェリーナ・ジョリー演じるマレフィセントに、無垢な心と可憐な笑顔が印象的なエル・ファニング扮するオーロラ姫。個々のキャラクターが、前作以上に魅力的に描かれています。

さらにミシェル・ファイファー演じる謎多き高貴な王妃をはじめ、新キャラクターも個性的。迫り来る危機から愛するオーロラ姫を救い出す、マレフィセントの“究極の愛”の物語がエモーショナルに展開します。

ところで、ディズニー・キャラクターのなかでプリンセスたちが圧倒的な人気を誇るなか、実はいま密かに注目されているのが、マレフィセントをはじめとするディズニー・ヴィランズ。彼らが悪役であるにもかかわらず、人々の心を捉えて離さない理由について、主演のアンジェリーナ・ジョリーは語ります。

「マレフィセントはどこかワイルドで、自由を求める存在。きっと誰の心にもいるんじゃないかしら」。

誰もが知っているストーリーも、ヴィランの視点から観てみると、新たな発見や感動が生まれる。本作のタイトルロールであるマレフィセントも、悪のヒロインでありながら奥深い愛情に満ちた存在で、その類まれな美しさと強さを併せ持つキャラクターは唯一無二のものと言えるでしょう。

この秋、マレフィセントが全世界にかける“ミステリアスな魔法”を体験してみて。

『マレフィセント2』

日米同日2019年10月18日(金)全国ロードショー
監督:ヨアヒム・ローニング
脚本:リンダ・ウールヴァートン AND ノア・ハープスター & マイカ・フィッツァーマン・ブルー
出演:アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー、ハリス・ディキンソン、サム・ライリー
日本語吹替版:上戸彩、小野賢章、福田彩乃
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト https://www.disney.co.jp/movie/maleficent2/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/


Page top