広瀬すず、コメディ映画初出演で新たな魅力が全開!

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第797回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)。

今回は、3月20日公開の『一度死んでみた』をご紹介します。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

人気CMを手がけるヒットメーカーが、映画で初タッグ!

父のことが大嫌いな反抗期こじらせ中の女子大生と、死んで“おばけ”になってしまった父親を巡って巻き起こる騒動を描いた『一度死んでみた』。

完全オリジナル! 誰もが予測不可能な、怒涛のコメディ映画が誕生しました。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

大学4年生の野畑七瀬は、製薬会社社長の父・計(はかる)と2人暮らし。売れないデスメタルバンドのボーカルをしている彼女は、「一度死んでくれ!」と、ライブで父への不満をシャウトするのが日常だった。

そんなある日、計が本当に死んでしまう。…と言っても、これは、自社で偶然開発された“一度死んで2日後に生き返る薬”を服用したことが原因。会社を乗っ取ろうとするスパイ社員をあぶり出すための秘策だったのだ。

ところが、仮死状態の計を亡き者にしようとするライバル会社の陰謀で、火葬されてしまいそうに。大嫌いなはずの父のピンチを救おうと、七瀬は計の秘書・松岡と共に奔走する…。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

主演は、本作がコメディ初出演となる広瀬すず。これまでの作品で彼女が演じて来た、ピュアな女性像から一転。髪をピンク色に染め、ハジけた“毒吐きキャラ”を振り切って演じています。

計を演じるのは、抜群のコメディセンスが光る堤真一。広瀬すずとの“仲の悪い親子”っぷりは、初共演とは思えないほど息ぴったり!?

そして、あまりの存在感の薄さから“ゴースト”と呼ばれている松岡役には、吉沢亮。斬新でちょっぴりシュールなストーリーが展開されます。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

メガホンを取った浜崎慎治監督と脚本を担当した澤本嘉光氏は、共にCM界のヒットメーカー。2人の奇跡のタッグにより、映画の概念に囚われない、新しいタイプのコメディ映画が生み出されました。

笑いの要素を存分に散りばめながらも、“親子の絆”という大切なテーマはキチンと伝えてくれる、世代を超えて楽しめる1作です。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

『一度死んでみた』

2020年3月20日(金)から全国ロードショー
監督:浜崎慎治
脚本:澤本嘉光
音楽:ヒャダイン
出演:広瀬すず、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、加藤諒、でんでん、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬、城田優、原日出子、真壁刀義、本間朋晃、野口聡一(JAXA宇宙飛行士)、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡
(C) 2020 松竹 フジテレビジョン
公式サイト https://movies.shochiku.co.jp/ichidoshindemita/

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

Page top