膝の軟骨、擦り減りを食い止める方法は? 医師が回答

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(3月26日放送)で、「膝の軟骨」に関して医師が回答した。

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『膝の軟骨の擦り減り、食い止められないの?』に対して、医師が回答した。

「膝関節にかかる負担によって、膝軟骨のすり減り具合は違います。もちろん体質もありますから、同じ動作をしていてもすり減りが早い人もいれば、遅い人もいるでしょう。

しかし、重い荷物を持ってしゃがみ込むような動作をくり返したり、格闘技などで無理に膝をねじるような動作をくり返したりすれば、早くすり減ると考えられます。

多くの患者さんを拝見すると、体重が重く、膝まわりの筋肉の足りない人は、早くに膝軟骨がすり減って変形性膝関節症を患っています。変形性膝関節症になると、体重がかかったときに膝痛が生じるため、歩かなくなり、さらに筋力が落ちます。運動しないと体重も増えがちです。

この悪循環を断ち切るには、体重コントロールは言わずもがな、重要なのは膝の安定性です。筋肉の支えのない関節はグラグラして、どんどんすり減ります。すり減りを遅くするためには筋肉の支えが必要です。

それでは体重が重く、膝軟骨がすり減りはじめた人は、どのように筋肉を鍛えればよいでしょうか?

急にジョギングなどを始めると、余計に膝軟骨はすり減ってしまいます。まずは体重が直接かからない筋トレを考えてください。椅子に座って、左右交互に5秒ずつ膝を伸ばすことをくり返します。

慣れればアンクルウェイト(足首にまくベルトタイプのおもり)をつけてやってもいいでしょう。スポーツクラブなどにある、エアロバイク(床に設置された自転車)もおすすめです。サドルに体重が分散されますし、転倒の危険がありません。

まだ膝の軟骨がすり減っていない人は、片足立ちやスクワットのトレーニングもよいでしょう。しかしスクワットをするときは、あまり深く膝を曲げてはいけません。

80歳でも膝のすり減りがない健脚の方はいらっしゃいますから、あきらめないでください」

番組情報

草野満代 夕暮れWONDER4

毎週月曜〜木曜 16:00 - 18:00

番組HP

素敵な音楽&豊かな暮らしを、あなたに!「草野満代 夕暮れWONDER4」

radikoのタイムフリーを聞く 只今、radikoでタイムフリー配信中!
お聴き逃しの方はぜひお聴きください。

Page top