ナタリー・ポートマン 美貌だけじゃない! その華麗なるキャリアに迫る…

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第807回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

世界中の美男美女が集まるとも言われているハリウッド映画界において、正統派美女として知られているナタリー・ポートマン。名門ハーバード大学では心理学を専攻。6ヵ国語に精通しており、才媛としても知られています。

彼女が主演作『プラネタリウム』を引っさげて来日した際、ご一緒したのですが、日本語も日常会話ならバッチリ。「ワタシハ酉年デス」と、茶目っ気たっぷりに日本語で挨拶していたのが印象的でした。

そこで今回は、ナタリー・ポートマンの出演作とともに、その素顔に迫ります。

※写真はAmazonより

ずば抜けた美貌と演技力でハリウッドに君臨する正統派女優

リュック・ベッソン監督のハリウッドデビュー作『レオン』。ニューヨークを舞台に、凄腕の殺し屋レオンと12歳の少女マチルダの切なくも凶暴な純愛を描いたアクションドラマです。

本作でヒロインのマチルダを演じたナタリー・ポートマンは、公開当時13歳。4歳からダンスレッスンを始め、10歳のときには化粧品会社のモデルとしてスカウトされたことからもわかるように、その美しさはすでに折り紙つき。

パーフェクトに整った顔立ちのみならず、目ヂカラ、色気、力強さ。すでに大物女優としての片鱗を覗かせ、2000人以上の候補者のなかからマチルダ役を射止めたのも納得です。

いまなお色褪せることのない、鮮烈な映画デビュー作です。

※写真はAmazonより

『スター・ウォーズ』新3部作(1999年~2005年)ではヒロインのパドメ・アミダラを演じ、ハリウッドで不動の地位を築いたナタリー・ポートマン。

その後は学業を優先させ、仕事をセーブした時期もありましたが、再び観客に強烈なインパクトを与えたのが『クローサー』。『卒業』でアカデミー賞に輝いたマイク・ニコルズ監督による、4人の男女の微妙な感情のすれ違いを描いた大人向け恋愛ドラマ。

ジュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、クライヴ・オーウェンという人気も実力も兼ね備えた俳優たちを相手に、ナタリー・ポートマンが演じたのはストリッパー役。

これまでの正統派女優のイメージを払拭する体当たりの演技で、第62回ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞しました。

※写真はAmazonより

ナタリー・ポートマンの数ある出演作のなかでも『レオン』以来の代表作と言えば、やはり『ブラック・スワン』でしょう。

「白鳥の湖」の主演に抜擢され、潔白な白鳥と官能的な黒鳥の二役を演じることになった内気なバレリーナが、プレッシャーから徐々に精神が崩壊して行く様子を描いた心理スリラー。

ナタリーは過酷な減量とハードなバレエレッスンで役作り。鬼気迫る演技で、バレリーナ役を演じました。

また私生活では、本作で振り付けを担当したフランス人ダンサーで振付師のバンジャマン・ミルピエ氏と結婚。2児の母となったいまも、圧倒的な美貌を誇っています。

※写真は映画『ポップスター』より

そして、ナタリー・ポートマンがさらなる表現の域へとたどり着いたのが、映画『ポップスター』。“若くして富と名声を手にした”という自身の境遇とも重なるポップスター<セレステ>を、アグレッシブかつエモーショナルに体現しています。

本作では主演を務めるだけでなく、製作総指揮にも名を連ねているナタリー。いかにこの作品に惚れ込んで参加したか、おわかりいただけるでしょう。

作品ごとに魅力が増して行くナタリー・ポートマンから、ますます目が離せませんね。

 

<作品情報>
■レオン(1995年日本公開)
DVD発売中 デジタル配信中
監督・脚本:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン、ダニー・アイエロ

■クローサー(2005年日本公開)
Blu-ray&DVD発売中 デジタル配信中
監督:マイク・ニコルズ
脚本:パトリック・マーバー
出演:ジュード・ロウ、ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーウェン、ナタリー・ポートマン

■ブラック・スワン(2011年日本公開)
Blu-ray&DVD発売中 デジタル配信中
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・J・マクローリン
原案:アンドレス・ハインツ
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー

■ポップスター
近日公開
製作総指揮:ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、Sia、ジョシュア・スローン、マーク・ギレスピー、ロン・カーティス
監督・脚本:ブラディ・コーベット
撮影:ロル・クローリー
楽曲:シーア
音楽監督:マーガレット・イェン
編曲:スコット・ウォーカー
編集:マシュー・ハンナム
振り付け:バンジャマン・ミルピエ
出演:ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、ラフィー・キャシディ、ステイシー・マーティン、ジェニファー・イーリー、ウィレム・デフォー(ナレーション)
Motion Picture (C)2018 Vox Lux Film Holdings, LLC. All Rights Reserved
公式サイト https://gaga.ne.jp/popstar/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/


Page top